羽ばたけ!全国の青少年赤十字高校生メンバー

ラジオ体操.JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

朝の集いでのラジオ体操

日本赤十字社は3月22~27日、山梨県南都留郡山中湖村で全国の高校生メンバーを対象に「青少年赤十字スタディー・センター」を開催しました。

本研修会は青少年赤十字のリーダーの養成を目的に1956(昭和31)年度から実施しており、54回目を迎える今回は、76人の高校生メンバーが参加しました。

防災.JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

ワークショップで防災について学びます

本研修会は、講義や地域住民への聞き取り調査、ワークショップなどのさまざまなプログラムで構成されています。

高校生メンバーは、自分自身を見つめ直し、リーダーに必要なコミュニケーション力、問題の発見から具体的な活動につなげる考え方や方策を学びました。

FW.JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

メンバーによる聞き取り調査

参加者からは、「自分の価値観が変わりました」や「ここで学んだことを青少年赤十字活動や将来に生かし、リーダーになれるように努力したい」とのコメントが届きました。

本研修会に参加した高校生メンバーが、赤十字の一員として、自分の考えを持ち、他者と協力しながら主体的に行動できるようになることを期待します。