防災教育に込める思い~JRC指導者が理事会で報告

講演を行う松本光司委員

講演を行う松本光司委員

日本赤十字社は11月21日、理事会を開催しました。

同会では、青少年赤十字(JRC)が進める防災教育事業「まもるいのち ひろめるぼうさい」のプログラム検討委員会である松本光司委員(いわき市立好間第一小学校校長)が、青少年赤十字防災教育プログラムについて報告しました。

同委員は東日本大震災当時の被災状況を写真とともに紹介しながら、現在、制作を進めている教材についても説明。大震災を経験した今こそ、教育現場で本当に求められている防災教育の必要性や教材制作に込める思いを、力強くお話しいただきました。

「まもるいのち ひろめるぼうさい」エリア

「まもるいのち ひろめるぼうさい」エリア

また、会場の前には「まもるいのち ひろめるぼうさい」エリアを設け、これまで行ってきた模擬プログラムの様子などを写真で展示。

参加者はプログラムができていく過程が収められた様子を、興味津々で眺めていました。