青少年赤十字教育等支援事業(ネパール)

アルガリで行われた記念式典

アルガリで行われた記念式典

日本赤十字社(以下、日赤)は、全国の青少年赤十字メンバーが集めた青少年赤十字活動資金等を活用して、海外の赤十字社の活動を支援しています。

ネパール赤十字社(以下、ネパール赤)での活動をご紹介します。

ネパール西部パルパ郡のアルガリでは、トイレの設備が十分ではありません。

そこで、このような状況を改善するために、野外排便根絶を宣言する式典が6月19日に行われました。記念式典には学生や政府関係者、地域住民ら約1890人が参加し、アルガリで最大規模になりました。

2.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

また、中西部のスルケット郡では、シヴァ中学校の青少年赤十字メンバーが地区の青少年赤十字メンバーを対象とした赤十字セミナーを開催。

講習を受けた青少年赤十字メンバー、ユースボランティアと指導スタッフが、公衆衛生に関する正しい知識とスキルを学んでもらうことを狙いに、学生や地域住民を対象に開きました。

この講習会を通して、トイレの適切な利用、石けんを使った手洗い、環境美化に関する参加者の意識や習慣の改善が期待されます。

講習を受けた子どもたちは、排せつ後や食事前に、石けんを使って手を洗うようになりました。これは、日本の青少年赤十字メンバーの思いが実現したといえるのではないでしょうか。

3.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

ネパール赤はこれらの活動に加え、トイレや手洗い場、飲料水タンクを学校に設置しています。

また、校区での野外排便根絶宣言、全国衛生週間の実施、住民自身による地域の衛生状態の評価、青少年赤十字指導者を集めた会議の開催、青少年赤十字サークルの刷新に取り組みました。

これからも、共に助け合い幸せな社会を築いていくために、日赤は支援を続けていきます。

関連ニュース