青少年赤十字の取り組みを知ってほしい!~全国赤十字大会

学校での防災の取り組みを発表する中平さん

学校での防災の取り組みを発表する中平さん

平成26年全国赤十字大会を5月15日、明治神宮会館(東京都渋谷区)で開催しました。

大会は日ごろの赤十字活動での功労者を表彰し、赤十字のさらなる発展のために開催。

全国の社員やボランティアら約1500人の赤十字関係者が集まる中で、「高知市立潮江中学校における防災の取り組みについて」と題し、中平匠音(なかひら たくみ)さん(元高知県青少年赤十字メンバー)が、青少年赤十字に関する実践活動を報告。地域住民の方に呼びかけて実現した合同避難訓練や、校舎内に設けた防災展示館などを紹介しました。

実践活動を報告した中平さん(左)、日赤和歌山医療センターの大津医師(右)

実践活動を報告した中平さん(左)、日赤和歌山医療センターの大津医師(右)

「南海トラフ地震をはじめとした今後起こるであろう震災から、一人でも多くのかけがえのない命を守るために、防災への取り組みを続けていきたい」と力強く述べた中平さん。

青少年赤十字加盟校である潮江中学校とともに、中平さんの今後のさらなる活躍が期待されます。