『小さな手でできる運動』~藤松エンジェルキッズ

福岡県の北九州市門司民生事業協会 藤松保育園は、青少年赤十字の3つの目的「丈夫な体を作る・人のために働く・友だちと仲良くする」を養うために、『小さな手でできる運動』を進めています。

7月には心肺蘇生法を学ぶ幼児安全法講習を受講。実際に子どもたちが体験することで、命の大切さを感じることができました。

運動会では東日本大震災被災地の復興に願いを込め、災害時に取る実際の動きを再現。

競技の中で土のうを運び、緊急時に素早い対応ができるように体験することで、命を守る行動を再認識しました。

園は保育の中で『5S活動』にも取り組んでいます。これは保育士や子どもたちが、「5S」のもととなっている「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の意味を理解し、気づき、考え、実行することを繰り返し学んで、習慣とすることを目指しています。

JRC活動の活性化に向けて、各地で活動が広がっています。