「赤十字」を体感!群馬県のJRC指導者が本社で研修

群馬県の青少年赤十字(JRC)指導者15人が平成25年12月25日、日本赤十字社本社を訪問し、救護物資等を備蓄している地下倉庫や赤十字の歴史と活動が分かる赤十字情報プラザなどを見学しました。

JRCは学校長や園長の理解の下で、教員や保育者を指導者として学校や幼稚園・保育所で展開されています。

日頃から熱心にご活動いただいている先生方のお役に立てるようにと、青少年・ボランティア課職員が全国の加盟校の活動内容や学習資料などを紹介。指導者からは活発に質問が寄せられました。

今後も日本赤十字社では、全国で活動する青少年赤十字メンバー・指導者の活動を強力にサポートしていきます。