新たな活動を開始!小学校でペアを組んで清掃

掲示板を活用

静岡県牧之原市立地頭方(じとうがた)小学校は、ペアを組んで掃除する時間を『VS(ボランタリー・サービス)活動』とし、青少年赤十字(JRC)の態度目標である「気づき、考え、実行する」を実践しています。

この活動では、6年生と1年生、5年生と2年生、4年生と3年生がペアを組み、自分たちで汚れた所を見つけて清掃場所を決定。

その後掲示板の校舎見取り図にシールを貼り、当日は自分たちで決めた場所を進んで掃除します。

上級生と下級生が一緒に清掃

6年生の植田真野さんは、「ゴミがたまっている所だけでなく隅々まで掃除します。ペアを組んで掃除の仕方を教えたり、低学年のお世話をします。『きれいになったね』と言われるようにがんばっています」と感想を述べています。

活動は上級生と下級生のかかわりという点でも、大切な場となっています。

JRC活動の活性化に向けて、各地で活動が広がっています!