JRC活動のヒントに!~健康・安全編

青少年赤十字(JRC)の実践目標の一つ「健康・安全」は、生命と健康を大切にするという目標の下、自分や家族、友達のいのちと健康を大切にする心を養い、進んで安全に配慮し、健康を増進するための生活習慣を身につける活動です。

朝の健康観察や虫歯予防の学習、健康安全プログラムなどのさまざまな活動に、全国の加盟校が取り組んでいます。活動例をヒントにあなたの学校に合った活動に取り組んでみませんか?

小学校

  • 校内安全パトロール(学校内の危険な場所を調べて、みんなに知らせる運動)
  • 健康キャンペーン(手洗いやうがい、歯みがきをする。また、それを呼びかけるポスターを作るなどの運動)
  • 給食キャンペーン(好き嫌いなく食べる。また、それを呼びかけるポスターを作るなどの運動)

中学校

  • 手洗い場へのせっけんの取り付け
  • 校舎内外を汚さない運動の推進
  • ごみ箱/排水溝の清掃、消毒
  • けが/病気の時の応急手当
    (健康安全プログラムの学習)
  • 環境空間の整備
    (教室の空気の入れ換え、花の栽培、植樹)
  • 教室/廊下/体育館/校庭などの安全点検と簡単な修理
  • 通学路の安全点検や広報活動

高等学校

  • 校舎内外を汚さない運動の展開・推進
  • 学校行事における救護活動(体育祭、文化祭、防災訓練)
  • 献血に関するPR、献血時の手伝い(献血者の受付、接遇、誘導、介助など)•
  • 校舎内に救急箱の設置
  • 登下校時の安全パトロール
  • 海水浴場などの救護所での手伝い
  • 赤十字が行う講習会の開催および受講