お友達とダンス!「こども赤十字祭り」でJRCメンバーが交流

会場の様子。知らない子が大勢いて緊張している子も

山梨県支部は10月22日(火)、初めての試みとして「山梨県こども赤十字祭り」を開催しました。

県内の青少年赤十字(JRC)加盟幼稚園・保育所が集まり、メンバーや指導者が交流を深めて、活動のさらなる活性化を図ることが目的です。

当日は県内各地の10の加盟幼稚園・保育所から、312人の指導者・メンバー(年長児)が集いました。

準備運動を兼ねて体を動かします

プログラムは、ダンスやゲームなどの楽しみながら交流を深めることができる内容で、会場には子どもたちの元気な声が響き渡りました。

また、サブスペースには各園の活動の様子を紹介する展示・資料コーナーや幼児安全法の体験コーナーも設けられ、参加者は空いた時間を利用して各コーナーに立ち寄っていました。

他の園のお友達と協力できるかな?

参加した指導者からは「普段は他の園の子どもや先生方といっしょに活動することがほとんど無いので、とても良い機会になりました」といった声が聞かれました。

他の園の活動を見学中

JRC活動の活性化に向けて、各地で活動が広がっています!

詳しくはこちらをご覧ください。