保健委員会と一緒に心肺蘇生法を学ぶ!高岡向陵高校

富山県の高岡向陵高等学校は、JRC(青少年赤十字)部の活動として、病院訪問などのボランティア活動のほかに手話や救急法を学んでいます。

JRCの実践目標の一つである「健康・安全」は、各クラスにいる生徒保健委員の活動とも共通しています。

そこで、先日、JRC部員と生徒保健委員、教員の計40人が心肺蘇生法の講習を受講して、AEDの使い方などを学びました。

日赤富山県支部から派遣された指導員から手順や注意点などの指導を受けながら、一人ひとりが人形を使って練習に取り組みました。

参加したメンバーからは、「今日の講習を通して、多くの知識と経験をつけることができました。これからも、もしもの時のために備えたいです」「心肺蘇生法の大切さを知って、実践する場面に居合わせた時は、恐れずに自分から率先して協力しようと思いました」といった感想が聞かれました。