子どもたちの笑顔を守る!~児童福祉週間(5月5~11日)

子どもたちの健やかな成長を国民全体で考えることを目的とした「児童福祉週間(主唱:厚生労働省など、協力:日本赤十字社ほか)」が、5月5日から始まります。

今年度は北澤佳奈さん(13歳)が考えた「やさしさに つつまれそだつ やさしいこころ」が標語に決定しました。この標語をもとに、全国各地で児童福祉理念の普及啓発を目指した取り組みが実施される予定です。

日本赤十字社は、さまざまな事情により家庭で生活できない子どもたちの生活を支えるための乳児院や、家族が仕事で不在の間でも子どもたちが安心して適切な保育を受けられる保育園など、全国で15の児童福祉施設を運営しています。

各施設では、季節に合わせた行事を催し、明るく温かい環境で子どもたちの成長を支えています。その他にも、育児体験講座や育児相談等も行い、地域の子育て家庭にも寄り添います。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大が心配されますが、各施設では衛生管理や感染防止策をより徹底しながら生活を送っています。

IMG_7929.JPG

IMG_7936.JPG

小さな手で一生懸命に洗います                うがいもしっかり!

IMG_7926.JPG

おもちゃなどもこまめに消毒

武蔵野赤十字保育園

日赤の事業を支えてくださるみなさま、多くの施設で活動している赤十字ボランティア、そして日赤職員。多くの人々のやさしさで、今後も子どもたちの笑顔を守っていきます!

児童福祉週間についてはこちら
日本赤十字社の児童福祉施設についてはこちら