日赤鶯鳴荘の誕生会をご紹介!~みんなでお祝いして、楽しい思い出を

日本赤十字社(以下、日赤)の日赤鶯鳴荘(おうめいそう)(岩手県岩手郡雫石町)は、介護を必要とする高齢者に対して、自分らしく元気に過ごしてもらうことを目標とした介護を行う、町内唯一の特別養護老人ホームです。

日赤鶯鳴荘では、長年にわたり人生の歩みを続けてこられたご利用者に、これからも元気に過ごしていただけるよう、地元の小学校やボランティアの皆さまと協力して、定期的に誕生会を行っています。

今回は、5・6月生まれのご利用者の誕生会をご紹介します。

小学生やボランティアから、次々にすてきなプレゼントが!

写真1 子どもたちのお祝いの言葉.jpg

お祝いの言葉を一生懸命に伝えてくれました!

5・6月生まれの方は、全員で13人。

誕生会では、まず日赤鶯鳴荘の職員からお祝いの言葉を一人ひとりのご利用者に送りました。

その後は、近所の南畑小学校に通う1・2年生の子どもたちが、一人ひとりのご利用者に誕生日カードを渡して、直接お祝いの言葉を伝えてくれました。

孫・ひ孫世代にあたる子どもたちのお祝いの言葉は、ご利用者にとって元気の源です!

写真②子どもたちの合唱.jpg

元気な歌声と振り付けを披露していただきました

また、『あの青い空のように』などの曲を、振り付きの合唱で元気いっぱいに披露してくれました!

自分たちのために一生懸命、歌と振り付けを覚えて披露してくれた子どもたちの姿に、ご利用者はとても感激していました。

その後、日赤鶯鳴荘の行事の際には、いつもボランティアに来ていただいている『野菊の会』の皆さまからも、踊りと合唱のプレゼントをいただきました。

写真③「野菊の会」の方の踊り.jpgのサムネイル画像

『野菊の会』のメンバーによる『雫石よしゃれ節』

披露された踊りは、『雫石よしゃれ節』などの古くから雫石につたわる郷土芸能で、合唱は『あかとんぼ』『証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)』など、ご利用者にとてもなじみ深いものです。

懐かしい踊りと美しい歌声に園内が満たされる中で、多くのご利用者が『野菊の会』の皆さまと一緒に口ずさみ、会場は一体感に包まれました。

また、『野菊の会』の皆さまによる温かい声がけが、一人ひとりのご利用者に伝わり、会場全体が笑顔であふれました。

今後も日赤鶯鳴荘は、ご利用者にとってかけがえのない思い出となる施設イベントを、ボランティアや地域の皆さまと協力して作っていきます。

また、今回の誕生会のような施設イベント、地域の方向けの講演情報などを、ホームページや広報誌を通じて、積極的に紹介していきます。

さらなる笑顔とかけがえのない思い出のために

写真⑤誕生日をむかえるご利用者.jpg

皆さまの来訪を、お待ちしています

日赤の社会福祉施設で生活する方がた(子ども、高齢者、障がい児・者)は、さまざまな形でご協力くださるボランティアや地域・団体の皆さまがいらっしゃるからこそ、日々の充実した生活を送ることができます。

ご利用者の充実した生活を支える活動には、行事の企画・運営の補助のほかにも、生活用品のご寄付やボランティア活動など、数多くのものがあります。

これらの活動に関心のある方は、ぜひ日赤にご相談ください。笑顔にあふれる時間を作るため、一緒に赤十字活動の担い手になってみませんか。

日赤の社会福祉施設の所在地、連絡先はこちら

日赤の社会福祉施設のボランティア情報はこちら

お問い合わせフォーム