リニューアル!子どもたちにより良い環境を~日赤岩手乳児院

リニューアルオープンした日赤岩手乳児院の外観

リニューアルオープンした日赤岩手乳児院の外観

日本赤十字社岩手乳児院(岩手県盛岡市。以下、日赤岩手乳児院)は4月1日、老朽化に伴う移転新築工事を終えてリニューアルオープンしました。

1934(昭和9)年に開設した日赤岩手乳児院は、日本赤十字社の現存する社会福祉施設の中で、最も長い歴史を持ちます。

安心して遊ぶことのできる室内

安心して遊ぶことのできる室内

現在は定員20人の施設として、さまざまな理由により家庭で生活することができない子どもたちを受け入れています。

加えて、育児相談などの子育て支援や里親への研修などを行い、地域に根差した施設としての役割も果たしています。

今回の移転新築にあたっては、子どもたちをより家庭的な環境で養育できるように、5~6人での小規模グループケアを可能とする居室などを備えた造りとしました。

また室内には木目調のクッション床を備え、子どもたちの安全にも配慮しています。

建物内部は子どもたちの安全に配慮した造りです

建物内部は子どもたちの安全に配慮した造りです

さらに、盛岡赤十字病院に隣接する土地に移転したことで、子どもたちの健康管理のためにより万全な体制を整えることができました。

日赤岩手乳児院はこれからも、この新しい建物で、子どもたちの健やかな成長を支えていくことができるように、職員が一丸となって努力していきます。

(日赤岩手乳児院)