「わ~お!」室内運動会!~松本赤十字乳児院

いっぱい取れるかな?「お菓子のつかみ取り」

松本赤十字乳児院(長野県松本市)は6月24日、院内運動会を開催しました。

このイベントは、子どもたちが遊びを通じて楽しい思い出をつくれるように、毎年この時期に開いています。

数年前までは屋外で行っていましたが、参加できる子どもの大半がまだ一人で歩けない年少のハイハイ組となってきたため、ここ数年間は室内で開催しています。

今回は子どもたちと職員、ボランティアの方がたを合わせた約20人で、多くの競技に挑戦しました。

真剣な顔で「かけっこ」に挑戦です!

当日のプログラムは、テレビ番組『いないいないばあっ!』の中の体操「わ~お!」から始まり、職員とペアになって行う「かけっこ」「ハイハイ競走」「ペンギン歩き競走」と続きました。

そして、「お菓子のつかみ取り」の後は、ジュースも共におやつの時間です。菓子をほお張ってお腹がいっぱいになった後に子どもたちは、皆で最後の種目に挑戦しました。

オニに変身

最後の種目は「仮装競争」です。職員とともにくじを引いて変身。

オニの親子やハワイアン、てんとう虫、チャイナドレス、変なおじさん、など。愉快に楽しく仮装して、全員でゴールを目指しました。

普段の遊びとは一味違った競技をで楽しむことができ、子どもたちにとって充実したひと時となりました。

この日の子どもたちは体をよく動かしたせいか、夕食では大好きなカレーを食べ、満足そうな顔で眠りについていました。

子どもたちの健やかな成長を願いつつ、今後も皆で楽しめるイベントを企画していきます。

(松本赤十字乳児院)