よさこい&エア・マーチングを披露!~釧路さかえ保育園

毎年恒例のよさこい披露。子どもたちは青少年赤十字に登録し、さまざまな活動を行っています

日本赤十字社釧路さかえ保育園(北海道釧路市)の子どもたちは5月25日、釧路赤十字病院(北海道釧路市)で行われた赤十字キャンペーンのイベントで、高知県のよさこい節を取り入れた「よさこい」と行進しながら楽器演奏を行う吹奏楽団(マーチングバンド)をまねた「エア・マーチング」を披露しました。

赤十字キャンペーンは地域の皆さんに赤十字活動の理解を呼びかけ、さらなる活動へのご協力をお願いすることを目的として、毎年この時期に行っています。

今年も市内の赤十字病院と赤十字血液センター、当保育園、地域の赤十字奉仕団(赤十字ボランティア)が協力し、救急法体験コーナーを開くなど、さまざまなイベントを実施しました。

子どもたちの息はぴったり

当保育園は毎年このイベントで「よさこい」を披露していましたが、今年はもう一演目増やし、楽器演奏や行進の振り付けを交えた「エア・マーチング」も披露しました。

本物のマーチングバンドに見えるように練習しました!

「エア・マーチング」は本当に演奏をしているつもりで、音楽に合わせてさまざまな動きを付けました。

子どもたちにとって楽しく、また達成感もあったようで、演技の後には皆、満足そうな顔を見せていました。

ポーズを決めました!

子どもたちの演技は、来場された地域の皆さんにとても好評でした。

また、イベント全体を通じて赤十字活動への理解も広めることができました。日本赤十字社の諸施設と連携しつつ、地域との交流が深まり、また子どもたち自身も楽しめる今回のようなイベントに、今後も積極的に参加していきます。

(日本赤十字社釧路さかえ保育園)