日本赤十字社の社会福祉施設

日本赤十字社(以下、日赤)は、児童福祉、高齢者福祉、障がい者福祉の3つの分野の社会福祉施設を全国28カ所で運営しています。

児童福祉施設について

秋田乳児院 里親

子どもの置かれたさまざまな状況に適切に対応するために日赤は、以下の児童福祉施設(15施設)を運営しています。

1. 乳児院:8施設

2. 児童養護施設:1施設

3. 保育所:3施設

4. 医療型障がい児入所施設:3施設

これらの施設の詳細は、以下からご覧いただけます。

児童福祉施設について詳しく

高齢者福祉施設について

高齢者福祉施設:錦江園ユニット

日赤は、自分らしく元気に過ごしてもらうことを目的とした介護を行う、以下の高齢者福祉施設を運営しています。

1. 特別養護老人ホーム:8施設

特別養護老人ホームの詳細は、以下からご覧いただけます。

高齢者福祉施設について詳しく

障がい者福祉施設について

お揃いのユニフォーム(はまなす)

身体障がいなどにより自宅での生活が難しい方、また、地域での自立生活を希望する障がいのある方などのニーズにかなう幅広い支援を行うために日赤は、全国4カ所で障がい者福祉施設(4施設)を運営しています。

1. 障がい者支援施設:1施設

2. 視聴覚障がい者情報提供施設:2施設

3. 補装具製作施設:1施設

これらの施設の詳細については、以下からご覧いただけます。

障がい者福祉施設について詳しく

複合型施設について

日赤は2012(平成24)年度から東京都渋谷区で、特別養護老人ホームと介護老人保健施設、高齢者グループホーム、障がい者支援施設からなる複合型施設の「日本赤十字社総合福祉センター レクロス広尾」の運営を開始しました。

「日本赤十字社総合福祉センター レクロス広尾」の詳細は、以下からご覧いただけます。

複合型施設について詳しく

各社会福祉施設の特色、ボランティア活動の内容

錦江園:蒼ユニット.JPG

各社会福祉施設の特色については、以下の「職員の施設レポート」からご覧いただけます。

職員の施設レポートはこちら

各社会福祉施設のボランティア活動の内容、募集状況については、以下の「福祉ボランティア情報」からご覧いただけます。

福祉ボランティア情報はこちら