「子どもの思いを大切にする」(武蔵野赤十字保育園 保育士 神田栞里)

保育士 神田栞里(かんだしおり)

私はこの4月に武蔵野赤十字保育園で保育士として採用されました。毎日元気いっぱいに遊んでいる子ども達の姿を見て、成長を感じたり、感動をもらったりしながら、充実した毎日を過ごしています。私が保育をする中で心がけていることは「子どもの思いを大切にする」ということです。子どもが今何を望んでいるのか、何をしたいのか、その1つ1つを大切にしながら、思いをくみ取って保育をしています。保育園にはたくさんの子ども達がいて、一人ひとり個性があります。さまざまな個性を持った子ども達の思いをくみ取るのは簡単なことではありませんが、「○○したかったの?」と聞いた時、「うん!」とニッコリ笑顔でうなずいて返してくれると、“心と心が繋がった”と感じます。このような心と心の繋がりを少しでも多く感じられるように日々過ごしています。

子ども達が卒園し、いつか武蔵野赤十字保育園で過ごした日々や友達・先生のことを思い出した時、楽しかったことがたくさん溢れるような保育をしていきたいと思います。