(青年赤十字奉仕団)HIV/AIDS予防啓発活動の実践 AIDS文化フォーラムに全国の青奉が出展

AIDS文化フォーラムが年8月3日、横浜で開催された、青年赤十字奉仕団(赤十字ボランティアのグループ)HIV/AIDSピアリーダーがピアエデュケーション(※1)を行いました。

これは、先月開催した青年赤十字奉仕団全国協議会で検討した課題の一つで、一般の方向けの予防啓発活動としての取り組みです。

参加者からは、以下のような声が寄せられました。

「同世代の人たちから教えてもらい、一緒になって考えるピアエデュケーションは非常にためになりました。HIV/AIDS予防について知識としてはおおよそのことは知っていても、実際の行動に移すのはなかなか難しいのが現実です。しかし、今回青年赤十字奉仕団が行ったグループワークでは、同世代の仲間たちと話しやすい会場の雰囲気の中で、知識をスムーズに行動につなげるトレーニングができたと思います。ぜひ多くの方に、このピアエデュケーションを体験してHIV/AIDS 予防に取り組んでもらえたらと思いました」

AIDS文化フォーラムには、今後も全国のピアリーダー(※2)が中心となって出展していく予定です。そのほかにも、ピア・エデュケーションを通して広く一般の方がたにHIV/AIDS予防の啓発活動を行っていきます。

今後の取り組みは随時ご案内していきますので、皆さまの参加を心よりお待ちしています。

  • ※1 仲間(ピア)同士らが対等な立場で共に学び合う教育手法
  • ※2 ピアエデュケーションを行う人の一般的な呼称。ピアエデュケーター自身も活動を通して成長していくことが、重要な要素です