(国際赤十字・赤新月社連盟)YABC事後報告~東アジアの若者の声を、力を、世界中の苦しんでいる人へ

各国赤十字社の幹部が東アジアのユースへ大きな期待

国際赤十字・赤新月社連盟が主催し7月20~27日、香港で開催された『東アジアユースコミュニティーミーティング2013およびYABCピアエデュケータートレーニング』と、同じく香港で7月29~31日、開催された『東アジア地域赤十字社幹部会議2013』は、各国赤十字社幹部への提案をもって閉幕しました。

日本からは赤十字語学奉仕団(赤十字ボランティアのグループ)の井上さんが代表として参加し、他国の代表とともに、この8日間で学んだこと、培ったことを余すところなく各国赤十字社の幹部に伝えました。

連日10時間以上にわたるトレーニングで得たYABC(※1)ピアエデュケーター(※2)としての参加者の成長や、最終日まで全員で議論を重ねてやっと合意に至った東アジアユースネットワークの今後の活動方針の提案に対して、各国の幹部から数多くのアドバイスや「東アジアの幹部も真摯に取り組むユースを全力でサポートする」という力強い言葉が。

各国赤十字社の幹部が東アジアのユースへ大きな期待を寄せていることを実感しました。

8日間の研修内容は多岐にわたりました。早朝に行う気功に始まり、YABCについての講義や参加者が実際に講師役を務めた体験授業、スポーツや演劇、音楽にのせて社会が抱える問題へのメッセージを伝えるプログラムなど、ユースが『自らを変え、周囲を変えることで、世界を変えていく』ために必要な多くの要素が含まれています。

この研修の中で参加者は、赤十字が1863年の創設以来、重要としているものに触れました。『いのちや尊厳が脅かされている人や、生きにくさを抱えている人の気持ちを想像し、問題点を明らかにし、状況を良くするための方法を考える』。参加者間の徹底的な議論と、自分の言葉で意見を発していくことを重視した研修を受ける中で、赤十字がすべきこと、そして自らがすべきことを理解したのです。

「自分たちの力や情熱、つながりを世界を変えていくために使いましょう」

研修の閉会式では、各国の参加者が今後の活動への意思を表明しました。

今回の研修の開催を担当した中国紅十次会香港支部のユースは「講義や体験授業、グループワーク、これらのトレーニングは今日で終わりです。これからは自分の力を信じて進んでいきましょう。私たちは全力を尽くし、すべきことを行えます。今からはピアエデュケーターとして、自分たちの力、情熱、このつながりを世界を変えていくために使いましょう」と参加者に呼びかけ、全員がその思いに賛同しました。

今回できたつながりである『東アジアユースネットワーク』の活動計画を実行に移すために今後、インターネットを介した会議を重ねるとともに、各参加者がYABCピアエデュケーターとして、各国のユースと協力して東アジアのユースの活動を活発化し、その声や力を苦しんでいる人に届けていきます。

  • ※2 連盟が推し進めている『Youth as Agents of Behavioural Change』を略したものであり、ユースが『自らを変え、周囲を変えることで、世界を変えていく』ことを目的としています
  • ※3 仲間(ピア)同士らが対等な立場で共に学び合う教育手法