脳虚血

脳に行く血液の流れが一時的に少なくなり、気が遠くなるか気を失うことを脳虚血といいます。

普段から比較的血圧の低い人が、気温の高い所で長時間立っていたり、湯ぶねから急に立ち上がったり、神経質な人がひどく驚いたり、恐れたり、精神感動によって起こることがあります。

そのほか、急に多量の血液や水分を失ったときにも起こります。

症状

  • 顔が蒼白になります。
  • 冷や汗をかきます。
  • 皮膚が冷たくなります。
  • 脈が弱くなる。普通、遅いことが多い。
  • めまいや気が遠くなることを訴えます。
  • 手足の感覚がなくなるような訴えがあります。

手当

  • 水平か、または足の方を高くして寝かせます。
  • 気道を確保できる体位を保ちます。
  • 衣類や、体をしめつけているものを緩めます。
  • 保温をします。
  • 倒れたときに、けがをしていないか調べます。
  • 回復が遅いときには、別の病気がないか医師の診療を受けさせます。