救急車を呼ぶのはどんなとき?~「救急車の適正利用ショートムービーコンテスト」を開催(消防庁)~

消防庁が主催する「救急車の適正利用ショートムービーコンテスト」の募集が7月1日(金)からスタートしました。

この企画は、救急車の適正な利用方法について地域住民の皆さまに知っていただくきっかけとなるような動画を広く一般の方から募集するものです。

優秀賞に選ばれた作品は、日本赤十字社も出展予定のイベント「救急の日2016」(9月4日(日)、お台場アクアシティ)の中で発表・審査され、最優秀賞作品が表彰される予定です。コンテストの詳細については、消防庁のホームページをご覧ください。

どんなときに119番したらいいのか不安‥そんな方は赤十字で講習を!

P1030241.JPG

救急の日2015の日赤ステージの様子。救急車が来るまでの応急手当の方法を紹介しました。

突然具合が悪くなったり、思わぬけがをしてしまったとき、どんな状態だったら救急車を呼べばよいのか、迷ってしまった経験はないでしょうか。

日本赤十字社の救急法や幼児安全法の講習では、急病やけがの際に、すぐに119番を呼ばなければいけないのはどんな症状なのか、皆さまにお伝えしています。

いざというときの不安を少しでも減らすために、赤十字の講習を受けてみませんか?

講習のお申し込み・お問い合わせは、日本赤十字社各都道府県支部まで。