大阪府立大学の協力のもと「親子で体験!着衣泳」を開催~楽しい水遊びで、悲しい事故を起こさないために(大阪府支部)

日本赤十字社大阪府支部(以下、大阪府支部)は8月13日、大阪府立大学中百舌鳥(なかもず)キャンパスのプールで、イベント「親子で体験!着衣泳」を開催しました。

本イベントは、水にかかわる事故を防ぐ一助とするために大阪府支部が2014(平成26)年度から開催しているもの。今年度から公立大学法人 大阪府立大学さまに「いのちと健康を守る」という赤十字講習普及の趣旨にご賛同いただき、無償で会場提供や広報協力を得て開催することができました。

夏休みまっただ中、親子で楽しく「着衣泳」を学びました

IMG_0856.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

講義の様子。水の事故を起こさないために気を付けなければならないことを学びます

水の安全で一番大切なのは「事故を起こさないこと」です。

河川ではどのようなところが危ないのか、水遊びではどのようなことに気をつけなければならないのか、赤十字水上安全法指導員が分かりやすく説明しました。

IMG_0939.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

まずはお父さんとお母さん、その後は子どもたちが挑戦。
水着で入る時と感覚が違うので、参加者は真剣です

講義の後はプールに移動して、まずは水着姿で自分の浮力を確認。「伏し浮き」などの浮き方を学びました。

その後は、いよいよ水着の上に衣服を着て、着衣泳の実践。万が一、水の中で溺れてしまったらどうしたらよいのかを学ぶことが目的です。

IMG_0940.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

服を着たまま上を向いて浮き助けを待ちます。練習して上手になりました!

実際の事故を想定し、後ろ向きに水に落ちそのまま浮く方法、投げ込まれたペットボトルや浮き輪を使って浮いて助けを待つ方法などを体験しました。

日赤は学校や地域と連携し、健康と安全のための講習を普及します

今回のイベントでは公立大学法人大阪府立大学に、地域貢献活動の一環として無償で会場をご提供いただくことができました。ご協力を感謝します。

日赤は同様に、講習を広く普及するためにも、趣旨にご賛同いただける学校や企業、団体を募っています。

また、日赤では依頼に応じた講習指導員の派遣を行うほか、学校や地域と連携して講習を普及します。

講習指導員の派遣などに関する詳細は最寄りの支部のウェブページをご覧ください。