「イキイキ(生き活き)健康フェア」を開催~松山赤十字病院

展示や実演を多く取り入れ、分かりやすい伝え方を工夫しました

展示や実演を多く取り入れ、分かりやすい伝え方を工夫しました

松山赤十字病院(愛媛県松山市)は9月9~13日、健やかに過ごすための知識や健康生活支援講習の普及を目的にした『松山赤十字病院イキイキ(生き活き)健康フェア~健康寿命をのばしましょう~』を開催。

同院と日本赤十字社愛媛県支部が主催し、多くの市民や患者さんが参加しました。

健康生活支援講習指導員や栄養士、歯科衛生士、薬剤師らが期間中、健康ミニ講座や転倒予防のための簡単体操のほか、血圧・体脂肪測定や、加齢に伴う体の変化についてのポスター展示などを行いました。

身振り手振りを交えての病院職員の話に、参加した皆さんは大きくうなずいていました

身振り手振りを交えての病院職員の話に、参加した皆さんは大きくうなずいていました

参加者からは「健康全般について分かりやすく説明してもらい、ためになりました」「短時間の講座で、参加しやすかった」「病院ではいろいろな職種の職員が協同して働いていることが分かりました」などの声が寄せられました。