「救急の日2013」出展~AKB48コラボグッズをプレゼント

国際赤十字・赤新月社連盟は2000年、9月の第2土曜日を「ワールド・ファースト・エイド・デイ」と定めました。毎年この日には、世界の赤十字・赤新月社がさまざまなイベントを開催し、救命手当や応急手当の方法、事故予防のための知識の普及に努めています。

また、日本国内に目を向けると、9月9日は「救急の日」。1982(昭和57)年に定められた「救急の日」の前後に毎年、国内各地で救急に関する行事が実施されています。

昨年の様子。講習用マネキンを使って心肺蘇生の方法を学びます

講習用マネキンを使って心肺蘇生の方法を学びます(昨年の様子)

日本赤十字社(以下、日赤)はこれらの一環として9月8日、「ダイバーシティ東京プラザ」(東京都江東区)で開催される、救急法と救急医療、災害救助や自主防災について正しく知ってもらうためのイベント「救急の日2013」に出展します。

当日は、路上で人が倒れている場合など、いざというときの救命手当を知ってもらうために、日赤の救急法指導員が心臓マッサージ(胸骨圧迫)などの心肺蘇生、AED(自動体外式除細動器)の使い方のデモンストレーションを実施。ご来場いただいた方に心肺蘇生の方法とAEDの使い方を体験していただけるワークショップも、併せて開催します。

また、13~14時には、体操のお兄さんことタレントの佐藤弘道さんとともに、日赤の指導員から救命手当を学ぶ特別アトラクションも行われます。ぜひ、気軽にお立ち寄りください。

ご来場者には、日赤のオフィシャルメッセンジャーであるAKB48の下敷きを、さらにワークショップへの参加者にはAKB48のノートをもれなくプレゼント(※)。どちらも日赤とAKB48がコラボレーションで2013年に製作したオリジナルグッズです。

※予定配付数に達した場合は配付を終了しますので、ご了承ください

「救急の日2013」について

日程: 2013年9月8日(日)10:00~18:00
場所: お台場「ダイバーシティ東京プラザ」フェスティバル広場および隣接公園
主催: 厚生労働省、消防庁、一般社団法人 日本救急医学会、一般財団法人 日本救急医療財団
特別アトラクション: AEDの使い方・心肺蘇生の方法
13:00~14:00(予定)
出演者:佐藤 弘道、日赤救急法指導員