救急法の指導員をカンボジア赤十字社に派遣

救急法指導者技術研修にてデモンストレーションを行う日赤の指導員

救急法指導者技術研修にてデモンストレーションを行う日赤の指導員

日本赤十字社は、カンボジア・ミャンマー・東ティモール赤十字社が実施する救急法普及事業を支援しています。カンボジア赤十字社(カンボジア赤)への支援は2008年からスタートし、これまで3名の救急法指導員を救急法のアドバイザーとして派遣しています。

今年度は、8月7日から4日間、カンボジア赤の救急法指導者の知識・技術の向上のため、首都プノンペンで開催された救急法指導者技術研修に、日赤からアドバイザーとして福岡県支部 ボランティア指導員 松嶋 惠美子さん(ボランティア指導員の派遣は初めて)、鹿児島県支部 事業推進課 中野 武伸 事業推進係長の2名を派遣しました。

腕のけがの手当を見せるカンボジア赤のボランティア

腕のけがの手当を見せるカンボジア赤のボランティア

■カンボジア赤の救急法を知る

研修に参加する前に、カンボジア赤では普段どんな講習会が行われており、どんな支援が必要なのかを知るため、カンボジア赤のボランティアが行う救急法講習会を見学しました。日赤のボランティア指導員の松嶋さんは「国は違うが、ボランティアの熱心に活動する様子はカンボジアも一緒ですね」と講習会を見学した感想を述べました。

AEDの使用法を教える松嶋指導員

AEDの使用法を教える松嶋指導員

■より良い講習を目指して

続いて行われた救急法指導者技術研修では、カンボジア赤の救急法指導者が、参加者の前で実技のデモンストレーションを行い、それに対し、日赤の指導員と参加者がより良い講習にするためのアドバイスを行いました。さらに、研修の最終日に、カンボジアではまだ、普及が進んでいないAED(自動体外式除細動器)の使用方法の紹介を行うと、参加者は真剣に聞き入っていました。

■救急法指導者技術研修に参加して

福岡県支部 ボランティア指導員 松嶋さん

「カンボジア赤の指導者の皆さんと救急法を通じてコミュニケーションを取れたことがとても楽しい思い出となりました。カンボジア赤の指導者は、シャイですが人懐っこくて優しいです。彼らには、救急法を通じて、その優しさをぜひ広めて欲しいです」

鹿児島県支部 事業推進課 中野係長
「文化や環境など、日本とカンボジアの違いを理解し、伝えることに苦労しました。しかし、お互いの文化や環境を尊重し、その中でベストを尽くすにはどうすれば良いか、一緒に考えることができたのは貴重な経験でした」

カンボジア赤救急法普及事業担当者 

カンボジア赤救急法普及事業担当者 

■カンボジア赤救急法普及事業担当者から皆さまへ

チュムリアップ・スオ!(こんにちは)

私は、日本赤十字社から支援を受けているカンボジア赤十字社救急法普及事業担当者のチャン・ソフィアです。

日赤を通じてカンボジア赤にご寄付をいただいているすべての日赤の社員(寄付者)の皆さまへ、この事業の対象地の地域住民に代わりまして、平成20年(2008年)からご支援いただいていることに心からお礼を申し上げます。

(画像をクリックすると動画が見られます)

社会基盤が脆弱で、救急医療体制が十分に整備されていないカンボジアでは、急な病気やケガの際、すぐに病院で治療を受けることが難しく、患者さんのいのちを守るためには、家族や地域の人たちの救急法を用いた応急手当が必要です。

また、社員(寄付者)の皆さまが、カンボジア赤十字社救急法普及事業を引き続き強化するために支援をしてくださることを望んでいます。

■引き続き皆さんの温かい支援が必要です

海外の救急法普及支援事業は、全国の社員・寄付者の皆さまによって支えられています。

成長著しいカンボジアですが、講習の資器材もまだまだ十分とは言えない状況で、技術・財政の両面から、引き続き支援を必要としています。
ぜひとも、皆さまのご支援をよろしくお願いします。