雪上安全法

雪の楽しさを知るとともに、スキー場などでの事故防止やけが人の救助、応急手当の知識と技術を習得できます。

<雪上安全法講習についてのお知らせ>

平素より赤十字事業にご参加、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

雪上安全法講習につきましては、これまで東日本では「万座温泉スキー場(群馬県吾妻郡嬬恋村)」、西日本では「だいせんホワイトリゾート(鳥取県西伯郡大山町)」を会場に雪上安全法救助員Ⅰ・Ⅱ養成講習を実施してまいりましたが、今年度は開催を見送りさせていただくことといたしました。

受講を希望する方におかれましては、日本赤十字社北海道支部において開催しておりますので、ご不便をおかけいたしますが、ご検討くださいますようお願いいたします。

今後もより良い赤十字講習を実施できるよう努めてまいりますので、引き続き日本赤十字社へのご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

北海道支部のホームページはこちら:http://www.hokkaido.jrc.or.jp/m4_03setsujyo.html

救助員Ⅰ養成講習

受講資格 満18歳以上の救急法救急員(※)
受講人員 30人を標準とします
講習時間 7時間
講習内容 雪上での事故防止、スキーの基本、雪上での事故者の救助技術
指導者 雪上安全法指導員
交付される証 全課程修了者に受講証
検定合格者に赤十字雪上安全法救助員Ⅰ認定証
受講費 700円(教材費、保険料などの実費)

※ 救助員Ⅱ養成講習との合同開催や連続開催時には、一定のスキー技術が必要となります。詳細は、開催支部にお問い合わせください。

救助員Ⅱ養成講習

受講資格 雪上安全法救助員Ⅰの資格を有し、相当のスキー技術(※)を有する者
受講人員 30人を標準とします
講習時間 12時間
講習内容 スキーパトロール、ゲレンデでの事故者の救助および応急手当
指導者 雪上安全法指導員
交付される証 全課程修了者に受講証
検定合格者に赤十字雪上安全法救助員Ⅱ認定証
受講費 300円(保険料などの実費)

※相当のスキー技術:(公財)全日本スキー連盟のスキーバッジテスト(級別テスト)1~2級に相当する技術。

(ご参考)雪上安全法講習の内容

雪上安全法講習の雪上等で行う実技の具体的なイメージは、以下の動画をご覧ください。

※こちらはあくまでも参考のため、実際に行われる講習内容とは一部異なる場合があることを、あらかじめご承知おきください。

救助員に必要な技術(スキー技術)※救助員Ⅱ養成講習

救助員に必要な技術(アキヤ搬送)※救助員Ⅱ養成講習

救助員に必要な技術(ロープ操作)※救助員Ⅰ・Ⅱ養成講習