カンボジア救急法普及支援事業 (神奈川県:平 加那子)

日本赤十字社(以下、日赤)はアジア・大洋州地域の姉妹赤十字・赤新月社が実施する救急法等の普及支援事業の一環として、カンボジア赤十字社(以下、カンボジア赤)を2008年から支援しています。
 同国北西部の都市バッタンバンで2016年、カンボジア赤の救急法指導者の技術、知識の向上のためリフレッシャートレーニングが10月11日から3日間にわたり開催され、カンボジア赤本社および25支部の指導員31人が参加しました。
 今回、同研修に助言するため、日赤神奈川県支部から職員として派遣された平加那子(たいらかなこ)救急法指導員にインタビューしました。
熊本県支部ボランティア伴指導員山梨県支部ボランティア野沢指導員と一緒に派遣されています。

自己紹介

職員として、神奈川県内の講習普及事業に日々従事しています。「いのちと健康、尊厳を守る」という赤十字の使命にもとづき、具体的な知識や技術を普及するため、講習を開催したい方、受講したい方、そして実際に講習で指導をするボランティア指導員のみなさんとを繋ぐのが主な業務です。

この派遣にあたって

神奈川県内では、救急法・水上安全法・健康生活支援講習・幼児安全法の指導員として講習に入っていますが、もちろん海外で、ましてやカンボジアで講習をしたことなど今まで一度もありません。これまで派遣された方々の報告書を読み漁りましたが、「雷にうたれたらどうする?」「蛇に噛まれたらどうする?」「木に登って降りられなくなった人はどうすればいい?」など、普段の講習ではクローズアップされないような質問が出てくることを知りました。これはどうしようか…と不安もありましたが、指導員仲間の知恵も拝借して、自分なりのQ&Aを用意して現地に向かいました。

カンボジア赤の講習普及体制について

現在、カンボジア赤には約60人の指導員がいて、指導員を養成することができる講師が約10人います。全国で指導員が約1.2万人、講師が約360人いる日赤と比較すると、その数はまだまだ少ないですが、この支援事業が始まってから確実に人数は増えてきています。特に、カンボジア国内の講師の人数は2年前と比べると3倍以上に増えています。講師の人数が増えるということは、指導員を養成しやすくなり、指導員が増えると各地域で開催される講習の件数が増えていきます。講習の件数が増えれば、それだけ多くの方に手当の方法や安全な場所への搬送の仕方などを知ってもらうことができます。

現地で感じたこと・学んだことについて

1.jpg

バッタンバンで行われた指導員のリフレッシャ―・トレーニングでは、伴指導員や野沢指導員のレポートにあったとおり、心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)とAEDの使い方について新しいガイドライン(蘇生ガイドライン2015)の伝達を中心にお伝えしてきました。カンボジア赤の指導員のみなさんは、熱心なのはもちろん、とても楽しそうに、時には真剣に学ぶ姿勢が印象的でした。
 そして、救急医療体制が日本と比べると未だに発展途中にあり、目の前の命を自分たちの手で救いたいというカンボジアの国の人々の切実な想いを感じてきました。

今後に期待すること

カンボジア赤は「2020年までに、救急法のトレーニングを受けた人が各家庭に少なくとも1人いるようにする」という具体的な目標を掲げています。講習普及を強化するターゲットも設定されていて、目標に向かってカンボジア赤は前進しています。
 その一方で、カンボジア国内には大きな湖や河川、湿地帯や田んぼが多く、水の事故で命を落とす方が少なくありません。リフレッシャ―トレーニングで最初に受けた質問も「溺れた人はどうやって助けるのか?」でした。溺水事故への関心がとても高かったです。しかし、学校教育で水泳授業は行われておらず、カンボジア赤の指導員も半数近くの方が泳げない様子でした。日赤では、もしも不意に落水してしまった時に自分で自分の命を守るための「浮いて待つ」着衣泳講習(水上安全法 短期講習)も積極的に普及しています。水辺での悲しい事故が少しでも減るように、事故防止の思想と併せて、水上安全法の技術もぜひカンボジア赤の指導員のみなさんに知ってもらいたいです。

支援者のみなさまに伝えたいこと

みなさまからご支援いただいた社資や寄付金は、日本国内に限らず、世界中にその恩恵が広がっています。そして、赤十字の活動を支援くださる仲間やボランティアとして活動してくださる仲間が世界中にたくさんいることを知っていただきたいです。
 日本国内の事業はもちろん、今回のカンボジア赤十字社への講習普及支援事業をはじめ、姉妹社が自分たちの力で国内を豊かにしていくための「長期にわたる支援」から、紛争など今まさにその場所で支援を必要としている人に手を差し伸べる「緊急支援」まで赤十字の活動は多岐に渡ります。
赤十字が様々な活動に取り組めるのは、みなさまからのご支援があってからこそです。今後とも、赤十字の活動にご理解とご協力をいただけますようよろしくお願いいたします。