カンボジア救急普及支援事業(佐賀県:足利義啓)

足利さん(あっぱくん使用方法).jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

胸骨圧迫トレーニング資材の使用方法について説明する足利指導員

日本赤十字社(以下、日赤)は、アジア・大洋州地域の姉妹赤十字・赤新月社が実施する救急法等の普及支援事業の一環として、カンボジア赤十字社(以下、カンボジア赤)を2008年から支援しています。

同国の首都プノンペンで2014年、カンボジア赤の救急法指導者の知識・技術の向上を目的として、救急法技術研修が11月19日から3日間にわたり開催され、カンボジア各地から65人が参加しました。

今回、同研修にアドバイザーとして参加するため、日赤佐賀県支部からボランティアとして初めて派遣された足利義啓救急法指導員にインタビューしました。

この派遣にあたってどんなことを期待していましたか?

私自身にとって初めての海外渡航だったため、正直不安の方が先行していました。文化・習慣などはもちろん救急体制が日本とは大きく異なり、また傷病者の発生原因もカンボジア独特のものがあります。

自分の救急法に関する知識・技術が、どこまでお役に立てるかという戸惑いもありました。しかし、2008年からスタートしたこの支援事業が現在まで継続されているということは、カンボジアで有意義な成果が現れている証だと考え、用務にあたりました。

研修に参加し、現地の指導員の方々の熱意を感じたとき、その考えに間違いはないと確信しました。そして今回の派遣が、これからのカンボジア赤十字救急法指導員の育成に役立つものにしたいという気持ちになりました。

カンボジアの人たちの反応はどうでしたか?

足利さん(AED②).jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

カンボジア赤の救急法指導員に対して説明する足利指導員

カンボジアの人たちは、素朴さと優しさを持ち合わせています。そして何より日赤に対し、敬意の念を抱いています。

そんな彼らは、私たちの指導や提言に真摯(しんし)に取り組み、一つ残らず自分のものにしようという意欲を強く感じました。

一通り説明を終えた後は、受講されている指導員から、自らの経験談やそれにまつわるたくさんの質問を受けました。日ごろから彼らが真剣に救急法の講習会を実施している故に出てくる質問だと感じました。これらの反応は、日本ではあまり体感することができないものでした。

現地で学んだこと、感じたことはありますか?

足利さん(AED①).jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

足利指導員らの説明を熱心に聞くカンボジア赤の指導員たち

カンボジアの救急体制は、まだ整ったものとはとてもいえません。傷病者が発生して救急車を呼んでもいつ来るかわからないという現実があります。

そのような環境でも、何とかして苦しんでいる人を助けたいという気持ちを強く持ち、対処できるようになろうとする姿がそこにはありました。

日赤からの支援を受けるだけではなく、日本の救急法をベースにして自分たちでカンボジア赤十字救急法を確立しようとする自主的な気持ちを感じました。

また、資機材が充分に揃っていないにも関わらず、救急法のテキストや動画を作成している姿勢は、同じ救急法指導員として勉強させられるところがたくさんありました。

加えて、現地の指導員からは、救急法の習得に対する意欲を感じました。それは、指導員としての自覚と責任感からくるものだと思います。これらの事は、赤十字救急法指導員の私にとって大きな糧となりました。

今後、この事業の発展に何を期待していますか?

足利さん(AED③).jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

AED(自動体外式除細動器)の使用方法を説明する足利指導員

カンボジア赤の指導員は、非常に熱心に救急法を学ぼうとしています。

救急車・病院など人間の命にかかわる社会体制が十分でない環境の中、救急法の重要性を十分に認識していることの現われだと感じました。

日本からの資金・資材面の支援と指導員派遣という支援を受け、カンボジア赤で救急法は確立されようとしています。

今後もこの支援事業が継続され、赤十字救急法がカンボジア国内で、一人でも多くの尊い命を救い、苦しんでいる人たちに手を差し伸べることに結びつけばと思います。

具体的にはAED(自動体外式除細動器)の普及が挙げられます。カンボジアにはほとんど設置されておらず、使用方法を知っている人たちも少ないのが現状です。国としてもAED使用に関する法が整っていません。しかし、法が整備された時に、カンボジア赤がその使用方法を知っていれば、その後のカンボジアでの普及に大きく貢献できると考えます。そのためにも、今後の支援事業に期待したいと思います。

最後に社員・寄付者の皆さまに伝えたいことはありますか?

最近テレビなどのニュースを見ると、大規模な自然災害や犠牲者が多数出た事故などが報じられています。各方面の救助隊員が救助作業をしている姿を目にします。そして、その映像の中には必ず赤十字を身にまとったスタッフの姿があります。赤十字は今助けを必要としている人たちにより長く寄り添っています。また、普段は講習を通じて救急法などの普及に努めています。

今回の派遣で、農村の小さなコミュニティーに赴くことがありました。そこでは、ボランティア指導員が地元の方たちを対象に一生懸命講習をしていました。その講習を見ながら私は、赤十字の大きさを感じました。

救援活動・救急法普及支援活動などの赤十字の活動は、すべて皆さまの善意によって支えられています。今後もご理解をよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

カンボジア救急法普及支援事業を含む赤十字の活動は、多くの赤十字社員の皆さま、寄付者の皆さまの善意によって支えられています。赤十字社員へのご参加についてはこちらを、赤十字へのご寄付についてはこちらを、ぜひご覧ください。