AEDデモンストレーション(原宿表参道)

平成21年5月に、原宿表参道において「Our World.Your move.人間を救うのは人間だ。」と題した赤十字思想150周年キャンペーンを展開しました。その一環として、5月8日(金)~10日(日)の3日間、日本看護協会ビル前と新潟館ネスパス前においてAEDデモンストレーションを実施しました。

初日は、時折雨にも見舞われましたが、2日目、3日目は天気にも恵まれて、たくさんの方々にご参加いただきました。心肺蘇生法{気道確保、人工呼吸、心臓マッサージ(胸骨圧迫)}の方法やAEDを用いた除細動などといった一次救命処置の手順を練習用人形を使用し15分程のデモンストレーションとして行い、ご覧いただいた方々にも心肺蘇生法やAEDの操作を体験していただきました。

「駅やデパートなどでボックスの中にAEDが入っているのは見かけるけど、実際に取り出して使用したことがないから、この機会にAEDの取扱いについて知ることができて良かった」、「もっと詳しく心肺蘇生法やAEDの使用方法などについて知りたいから講習を受講したい」といった多くのお声をいただきました。今回のキャンペーンを通じて、多くの方々に日本赤十字社の講習に興味や関心をもっていただきました。当日はたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。

※全国の各都道府県支部で開催しております各種講習については、右側の「講習に参加したい」から各支部の講習ページでご確認ください。