平成 30 年北海道胆振東部地震災害 日本赤十字社の活動

平成 30 年北海道胆振東部地震災害における日本赤十字社の活動状況 写真はこちらから

平成 30 年北海道胆振東部地震は、北海道に甚大な被害をもたらしました。日本赤十字社では、特に被害が大きかった厚真町、安平町、むかわ町を中心に救護班やDMAT(災害派遣医療チーム)等を派遣し保健医療ニーズの調査、巡回診療、こころのケアの活動やその他物資の配布、ボランティアの活動などを行っています。

日赤は、苦しんでいる人を救う活動に全力で取り組んでまいります。


hokkaido1.jpg

お子様の診察を行う救護班

救護班の活動状況

 合計 33チーム  ※現在、14班活動中


医療コーディネートチームの活動状況

 合計 9チーム   ※現在、5班活動中


日赤DMATの活動状況

 合計 14チーム  ※活動終了

ボランティアの活動状況

〔主な活動内容〕

 ・救援物資の運搬/配布

 ・ポールストレッチングの実施

hokkaido2.JPG

ボランテイアによるポールストレッチングを実施


救援物資の配布状況

 ・毛布       1,410枚

 ・安眠セット    2,114セット

 ・緊急セット    830セット


義援金の受付

 「平成 30 年北海道胆振東部地震災害義援金」

 受付期間:平成30年9月11日(火)~平成31年3月31日(日)

 ≫ 平成 30 年北海道胆振東部地震災害義援金の詳細はコチラ



※平成30年9月12日時点での情報です。


 より詳細な日赤の活動については以下をご覧ください。

 ≫ 救援救護活動(国内)