「原子力災害における救護活動ガイドライン」の制定について

日本赤十字社は3月30日、「原子力災害における救護活動ガイドライン」(以下、本ガイドライン)を制定しました。

本ガイドラインは幅広い活動を念頭に、策定の背景や目的、対象範囲や活動時の留意事項を明らかにするとともに、「事前対策フェーズ」「応急対応フェーズ」「復旧・復興対応フェーズ」に分け、福島での経験を踏まえ、それぞれの活動について記述しています。

詳しい内容は、赤十字原子力災害情報センターデジタルアーカイブをご覧ください。