ふくしま復興を考える県民シンポジウム2015

fukushima_symposium01.jpgのサムネイル画像

「ふくしま復興を考える県民シンポジウム2015」が3月15日、福島市で開催されました。このシンポジウムは、第3回国連防災世界会議のパブリックフォーラムの一環として福島県が開催したもので、日本赤十字社も共催として参加しました。

基調講演では国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)から2人の講演者が登壇し、赤十字の学生ボランティアが海外からの来場者をサポート。本会議のある仙台からシンポジウム会場まで向かうバスの車中で赤十字の活動などを英語で紹介しました。