「首都直下地震対策シンポジウム」を開催~阪神・淡路大震災から20年、首都直下地震に備えて

ご案内

日本赤十字社は阪神・淡路大震災の発生から20年の節目となる1月17日、気象庁との共催により首都直下地震対策シンポジウムを開催します。

直下型地震、特に首都直下地震から大切ないのちを守るために必要な知識を、できるだけ多くの方がたに知っていただくためのもので、概要は下記のとおりです。ぜひご参加ください。

開催概要

1.日 時 2015(平成27)年1月17日(土)
受付開場13:00 開演13:30 終演予定16:00
2.場 所 赤坂区民センター
(東京都港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ内)
3.入場料 無料
4.定 員 400人(事前申し込み制)
5.主 催 気象庁、日本赤十字社、東京管区気象台
6.後 援 内閣府(防災担当)、消防庁、東京都、港区
7.内 容
基調講演 「阪神・淡路大震災以降の地震対策の取り組みと首都直下地震の想定」
講演者:
横田崇 東京管区気象台長・(併任)内閣府政策統括官付
パネルディスカッション
パネリスト:
岡本正 弁護士・中央大学大学院 客員教授
小林千佳子 東京都 総務局総合防災部 情報統括担当課長
白土直樹 日本赤十字社 災害対策企画室 参事
廣井悠 名古屋大学減災研究連携センター 准教授
コーディネーター:
鈴江奈々 日本テレビアナウンサー・防災士

リーフレット(画像)).png

リーフレットはこちら(PDF:523KB)

お申し込み方法

定員となりましたので、受け付けを終了しました。

たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

日本赤十字社 救護・福祉部 災害対策企画室

TEL:03-3437-7726