関西大学と防災教育・啓発パートナー協定を締結

IMG_6146.JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

締結した協定書を持つ佐藤支部長(写真左)と楠見学長(同右)

関西大学と日本赤十字社(以下、日赤)大阪府支部は7月24日、『防災教育・啓発パートナー協定』を締結しました。防災分野での大学と日赤の協定締結は全国初の取り組みです。

日赤は東日本大震災の経験を踏まえて、災害発生直後の救護活動だけでなく、地域コミュニティーの自助・共助を高める『防災・減災』に取り組むため、被災者を少しでも減らすことを目的に防災教育を推進しています。

日赤大阪府支部の佐藤支部長は、「関西大学の先生方のご協力を得て、地域の防災ニーズに合った学術的な知見・データと、それらを視覚的に訴える教材を作成しました。当支部スタッフが地域で普及、その普及活動を関西大学にフィードバックし先生方の研究に役立てていただくなど、相互に協力して、地域社会への防災・減災の取り組みを深化させることが可能となります」と述べました。

さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。