「看護行政の動向」について学ぶ

厚生労働省医政局看護課長の岩澤和子氏

日本赤十字社本社(東京都港区)で4月24日、『全国赤十字看護部長・副学校長会議』を開催しました。

この会議は、全国の赤十字医療施設の看護部門の責任者と看護専門学校などの教育施設の副学校長らを対象に、事業方針を確認することなどを目的として、毎年開催しています。

会議では、厚生労働省医政局看護課長の岩澤和子氏をお招きし、看護職員の就業や養成の現状、厚生労働省による看護職員の確保に向けた施策や、特定の行為に関連する看護師の研修制度についてご講演いただきました。

熱心に講演を聴く出席者たち

講演について出席者は、「看護職員の確保に向けて、看護の基礎教育から就業後までさまざまな形での対策を取る必要性や、行政で検討されている看護職員の確保に向けた施策について、関心を持って聴けました」と話しました。