2012(平成24)年度認定看護師教育課程修了式を挙行

武蔵野キャンパス講堂に集まった120名の研修生

武蔵野キャンパス講堂に集まった120人の研修生

日本赤十字看護大学看護実践・教育・研究フロンティアセンターは11月29日、第7期の認定看護師教育課程修了式を挙行しました。

感染管理・糖尿病看護・認知症看護・慢性呼吸器疾患看護の4コースを合わせた120人の研修生が、この日をもって今年6月の入学から半年間に及ぶ研修を修了しました。

20の赤十字病院を含む全国各地域のさまざまな施設から集まった研修生たちは、講義・グループワークや実習、科目試験と多忙な毎日を送りながら、臨床現場では経験することのできない貴重な時間を過ごし、看護の原点について立ち戻り、考える機会を得ました。

鶴田フロンティアセンター長から一人ひとりに修了証書が授与される様子

鶴田フロンティアセンター長が一人ひとりに修了証書を授与

研修生は今後、各施設に戻り、それぞれ自己の役割を果たしながら来年の認定審査試験に向け勉学に励んでいきます。

研修を修了したこの日は、学習を継続し自己研鑽を重ねていくための新たなスタートラインともなりました。

2013(平成25)年度認定看護師教育課程研修生第二次募集については、こちらをご参照ください

認定看護師教育課程
平成25年度研修生募集(PDF:180KB)