ANAから全国の赤十字施設へ「しあわせ花のすずらん」~今年で60回目!贈呈式にはミス日本も参加

「病気やけがで苦しむ人たちの一日も早い回復を」―そんな願いが込められたすずらんの花やしおりがANAグループから全国の赤十字病院などに6月3日届けられました。同社の社会貢献活動として1956(昭和31)年にスタートしたこの取り組みは今年で60回目。大森赤十字病院(東京都大田区)では、全日本空輸株式会社(以下、ANA)の篠辺修代表取締役社長や2015年度ミス日本グランプリの芳賀千里さん(ANAグループ会社社員)らも参加した贈呈式が行われました。

大森すずらん①.jpg

篠辺ANA代表取締役社長から大塚日赤副社長へすずらんの目録が贈呈されました。

病院や福祉施設など全国47カ所の赤十字施設に届けられたのは、すずらんの花(鉢植え300鉢、切り花1400本)とANAグループ社員がデザインしたしおり2万枚。

しおりの裏面には、ANA所属フィギュアスケーター羽生結弦選手の「すずらんが皆さまの心の励みになれば光栄です」というメッセージも添えられています。

各施設がある都道府県出身の客室乗務員が訪問し、入院患者さんらに手渡しました。

大森すずらん②.jpg

すずらんの花言葉は「しあわせ」「幸福の再来」。しおりにはすずらんの香りもついています

大森赤十字病院で行われた贈呈式では、日本赤十字社(以下、日赤)の大塚義冶副社長が社を代表してあいさつ。「60回目を迎え、この行事は各施設の風物詩として定着。スタッフや患者さんはANAの客室乗務員の皆さんが来るのを心待ちにしています」と取り組みに感謝を表明しました。

ANAの篠辺社長は、震災の復興支援でも日赤との協働を進めてきたことに触れ、「これからも世の中の元気につながったり、苦労をされている皆さんの励みになる取り組みを続けていきたい」と決意を述べました。

大森すずらん③.jpg

ミス日本の芳賀さんは小児病棟を訪問し、子どもたちにしおりを手渡しました。「私も入院経験があります。患者の皆さんに少しでも明るい気持ちになっていただければ私たちもうれしいです」

大森すずらん④.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

贈呈式では患者代表の皆さんにしおりが贈られました。「ありがとうございます。幸せな気持ちになります」