第15回日本赤十字社臨床研修指導医養成講習会を開催

2月15日(金)~17日(日)にかけて第15回日本赤十字社臨床研修指導医養成講習会が本社で開催され、赤十字病院28施設から32名が参加しました。

講習会は臨床研修医の指導にあたる臨床経験7年目以上の医師を対象として、指導のあり方を理解し、望ましい指導方法等を修得することを目的として、ワークショップ形式で行われました。

全体発表の様子

全体発表の様子

2泊3日に及ぶ講習会は夕食を挟んで夜9時までのプログラムが組まれており、更に翌日7時半から前日の作業の続きを自主的に再開する参加者の姿も多数見られ、全体発表では質問や意見が活発に交わされ、参加者はお互いの意見に耳を傾けながら真剣に取り組んでいました。

修了証伝達の様子

修了証伝達の様子

なお、本社主催の講習会では第1回から今回までで542名が厚労省医政局長認定指導医として認定されています。