[特集]紛争の被害にあうって、どんなこと?

バナーシリア04.jpg

いまこの瞬間も、シリアでは内戦が続き

戦火に怯えながら、逃がれられない人々がいます

第二次世界大戦後、最悪の人道危機

シリアでは、紛争から逃がれられない人々に食料や救援物資を届け

傷ついた人を治療する赤新月社の活動が続いています。

一方、命を懸けて海を渡り、難民となったシリアの人々には

赤十字社が救いの手を差し伸べています。

シリアの紛争被害にまつわる4つの真実

リンカード.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

16歳の少女は、生きるために母と妹の手を引き、命がけで海を渡った・・・シリア難民として生きる人々の真実。

赤新月2.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

54名の犠牲者を出しながらも救援活動を続けるシリア赤新月社。ボランティアが語った彼・彼女たちの想い。

赤十字NEWS-3.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

日本赤十字社の活動をお伝えする赤十字新聞シリア特集号。(P.1、P.8)

紛争冊子-3.jpg (2カラム画像(枠なし):322x210px)

第二次世界大戦後最悪の人道危機が起こっている。子ども達にこそ知ってほしい真実がそこにある。(20ページ)

日本赤十字社は解決のめどが立たない紛争を踏まえ、中東人道危機救援金の受け付け期間を延長します。皆さまの温かいお心が、赤十字社(赤新月社)の活動の支えとなります。皆さまのご支援をお待ちしております。

受付期間:2015(平成27)年4月1日(水)から2018(平成30)年3月31日(土)

ご協力方法はこちらをご覧ください