2012年 ハリケーン「サンディ」(米国)

米国におけるハリケーン「サンディ」の被害の概要

写真1small.png

ハリケーン「サンディ」が2012年10月29日、大西洋岸を縦断。アメリカ東部のニュージャージー州に上陸し、隣接するニューヨーク州にある大都市ニューヨーク市を直撃しました。

アメリカ北東部に上陸した史上最大級のハリケーンとなり、110人が死亡、一時は11州で850万人が停電の被害を受けました。

ニュージャージー州では高潮により道路や住居が浸水し、倒木、沿岸部での停電などの被害も生じました。同州のアトランティック・シティーは市内の80%が浸水し、取り残された2万人が州軍により救助されました。

ニューヨーク市では100万人が停電被害を受け、何千人もの高齢者らが高層住宅に取り残されました。マンハッタン区では、車が水に浮かびトンネルも浸水。地下鉄の運行も停止し、一時的に都市機能がまひしました。

また、直接的に深刻な被害を受けた上記2州以外にも、ハリケーンによる強風の影響で、コネチカット州とウェストバージニア州、メリーランド州も被害を受けました。

米国赤十字社の支援

緊急救援

写真2(シェルター)small.png

米赤は避難所を開設。
安全で暖かい宿泊環境を提供しました

米国赤十字社(以下、米赤)は、ハリケーン「サンディ」上陸前から人びとに準備を呼びかけ、避難所の開設やボランティアスタッフの配備、救援物資の配布などに備えてきました。

ハリケーン上陸後、米赤は直ちに各地で避難所や食料配給所を開設。平時から訓練を受けている約1万4400人のボランティアとともに、以下の支援を届けました。

  • 避難所を開設し、のべ約7万4000泊分の宿泊環境を提供
  • 約1750万食分の食事と軽食を提供
  • 約700万セットの救援物資を配布
  • 約300台の緊急対応車両を稼働し、食料や生活必需品を配布
  • 約11万3000件の健康、こころのケア相談

米赤のボランティアは、通行できなくなった道路や橋、トンネルなどで人びとを誘導。被災した世帯を戸別訪問し、ニーズを聞き取りながら支援物資を届けました。また、大切な人を亡くした被災者へのこころのケアにも力を入れました。

このほか、20人の経験豊富な防災通信ボランティアが、ハリケーン上陸前には災害への備えについて、また上陸後は避難所や食料配布場所などの情報を被災者に対して発信し続けました。

ボランティアが運ぶ支援と希望

写真3(移動車輌)small.png

緊急対応車両で食料や生活必需品を必要とする人に配布しました

ハリケーン「サンディ」が通過した後の数日間は、氷点下の中で広範囲にわたる停電が続きました。

高さ3メートルの高潮が押し寄せたロングアイランド(ニューヨーク市を含む、ニューヨーク州南東部の島)のリドビーチでは、停電した高層住宅で多くの高齢者が支援を必要としていました。

米赤の救援チームは二人一組で各戸を訪問し、すべての世帯に食料と水、毛布などの支援物資を届けました。

また、リドビーチでの活動時、近くの老人施設も停電していることが判明しました。

米赤のボランティアは直ちに毛布や温かい食料などを車に満載し、施設を訪問。ボランティアが訪れたとき、停電のために報道から被害の全貌を知ることができず、不安の中で過ごしていた多くの入居者が泣き崩れたといいます。

ボランティアは不安を感じている一人ひとりに寄り添い、これからも支援の手が届くことを約束しました。

復興支援

写真4(住居補修)small.png

赤十字の助成金を利用して家の修繕を行います

緊急救援活動は2012年末にはほぼ終了し、赤十字の避難所も閉鎖。多くの被災者は通常の生活に戻っていきました。

しかし、まだ数千人がホテルや仮設住宅で暮らしていたため、特に被害が大きかった地域では、冬の間も毎日約8万食の食事の支援を継続しました。

住宅の修復や再建は、個々のニーズが多様であったため、米赤のケースマネージャーが一人ひとりの相談に乗り、それぞれに合った支援を届けました。

被災から数カ月たっても家屋の修復が進まない世帯に対しては、他団体と協力し、住宅内の汚泥やがれきの撤去作業を行いました。

また、仮住まいから恒久住宅への移行に際しては、赤十字のケースワーカーが転居先を一緒に探したり、家の修繕・再建などのために受けられる各種支援を紹介。「赤十字住宅入居支援プログラム」を通じ、約2800世帯に対して、家屋の修繕や引っ越し、家具の購入などのための費用を支援しました。

  • 毎日8万食分の食事の提供
  • ボランティアを通じた汚泥、がれきの撤去
  • 2800世帯に対する恒久住宅への入居のための各種支援(1500万ドル)

米赤は、直接実施した上記の支援のほかに、家屋の修復や被災者への財政支援などに取り組む他団体に助成金を交付。広範囲にわたる支援を展開しました。

  • 生活再建支援を行う他団体への支援(43案件、5500万ドル)

日本赤十字社の支援

日本赤十字社(以下、日赤)は、皆さまからお寄せいただいた約8200万円の救援金の全額を米赤に送金し、米赤が行う上記の救援事業を支援しました。

  • 日本赤十字社への救援金総額 82,069,728円

米赤の救援金の使途

ハリケーン「サンディ」から1年で米赤は、308万ドルの寄付のうちの9割以上にあたる280万ドルを、緊急救援、復興支援プログラムに活用しました。

残りの資金は住居関連の支援を中心に用いられています。また、災害に対する、コミュニティーのレジリエンス(回復力)の向上や、被災者支援に取り組むほかのNGOなどへの助成金の交付にも充てられます。

米国赤十字社 ハリケーン「サンディ」支出総額(*)

2012年10月~2013年9月30日– $280百万ドル(2013年レート:約270億円)

(単位:千ドル)

Expenditure Graph.png

食料と緊急シェルター(避難所等)

米赤はハリケーン「サンディ」の上陸前・中・後に、避難所の開設などを通じて人びとに安全な環境を提供。避難所で食料を配付したほか、災害対応車両で炊き出しを実施。地域の配布拠点でも食料を提供しました。

ケースワーカーを通じた、被災者への個別支援

米赤のケースワーカーが被災者の個別のニーズを聞き取り、一人ひとりの生活再建のための支援を計画、実施。食料や衣料、家具、引っ越しの費用、敷金の支援などが含まれます。

住居と地域支援

深刻な被害を受けた住居に対し、修繕部品の提供やカビの除去、電化製品の支援、がれき撤去のボランティアの派遣、再建資金の援助などを行いました。

救援物資

歯ブラシなどの衛生用品や懐中電灯、ごみ袋、防寒具(手袋、毛布など)、シャベルなどの救援物資を提供したまし。

災害対応車輌と倉庫備蓄

米赤は食料や水、救援物資を配給するため、緊急対応用の車両300台のほか、レンタカーやトラックなどを活用。倉庫備蓄、燃料などの費用もここに含まれます。

医療救護とこころのケアサービス費

医療救護とこころのケアのほか、処方薬も提供。

関係機関との連携

米赤は、全米災害ボランティア機構(VOAD) や他の関係機関に助成金を交付。多方面から被災者の復興を支援。

地域のレジリエンス(回復力)強化

今後の災害に対すて地域の対応能力を強化するため、緊急物資の備蓄や関係機関との会合、避難訓練などを実施。

皆さまのご支援を心から感謝申し上げます。

本事業の印刷用の報告書はこちらから