ウガンダ(母子保健事業第1期)

ウガンダの北部では20年にわたる紛争により、およそ200万人の国内避難民が発生しました。紛争終結後も多くの妊産婦が非衛生的な環境下での出産を余儀なくされており、死亡率も高い状況が続いています。

日本赤十字社はウガンダ赤十字社と協力し、同国北部の2県で安全な出産に必要な①衛生的な出産環境の整備、②母性保護の普及啓発を図るために、平成22年から母子保健事業を開始しました。

ママバッグの支援を受けて出産した女性

ママバッグの支援を受けて出産した女性

①衛生的な出産環境の整備

  • 80人の母子保健ボランティアの養成(保健人材の育成)
  • 妊婦を対象とした年間4000個のママバッグの配布(安全な出産に最低限必要な物品一式の提供)
  • 9つの保健センターの分娩資機材の整備

②母性保護の普及と啓発

  • 母子保健ボランティアによる、安全な出産と母性保護の知識普及のための家庭訪問
  • 男性も含む住民による母性保護をテーマとした対話集会の開催
  • 地元のFMラジオ局による母性保健をテーマとしたラジオ番組の放送
  • 母性保護の啓発ポスターや小冊子などの広報資材の作成と配布

2012年事業報告はこちら(PDF:1.14MB)

2011年事業報告はこちら(PDF:1.68MB)

2010年事業報告はこちら(PDF:588KB)

関連ニュース