ケニア(地域保健強化事業第1期)

ケニアの北東部は、たびたび干ばつに見舞われる乾燥地帯です。

このような厳しい自然環境の下で遊牧民が暮らしており、子どもたちの多くは保健医療サービスを十分に受けらないためにいのちの危険にさらされています。

日本赤十字社はケニア赤十字社と協力して、5歳未満児の疾病や死亡率を減少させるために、平成19年から5年間にわたり、同国北東部のガルバチューラ県で以下の保健医療事業を実施。包括的アプローチで活動を行いました。

  1. 病気にならないための取り組み
  2. 病気やけがをした際の受け皿となる保健医療施設の機能強化

1歳未満児への予防接種

1歳未満児への予防接種

①病気予防への取り組み

  • 健康教育の普及(病気の原因とその予防方法の普及)
  • マラリアの感染予防(蚊帳の配布とその使用法の指導など)
  • 子ども対象とした予防接種
  • トイレやゴミ捨て場などの設置(衛生環境の改善)
  • 保健ボランティアやボランティアリーダーの養成(保健人材の育成)

②保健医療施設の機能強化

  • 県立病院や保健センターの設備と資機材の整備
  • 保健施設の無い村を対象とした月1回の巡回診療の実施
  • 患者搬送に必要な無線通信網の整備

平成24年12月31日をもって本事業は終了しましたが、このような支援を継続するため、平成25年からは「地域保健強化事業第2期」を実施中です。

2010年事業報告はこちら(PDF:941KB)

2011年事業報告はこちら(PDF:1.46MB)

2012年事業報告はこちら(PDF:511KB)

関連ニュース