モンゴル(保健医療支援事業)

日本赤十字社は、モンゴルの最弱者層とされる住民の健康状態を改善し、HIV/エイズなどの感染症の予防を図ることを目指して、2005年(平成17年)からモンゴル赤十字社を支援しています。

活動の様子

性感染症などの疾病予防対策が遅れている国境地帯の5つの県を対象に、既存の地域保健サービスにHIV/エイズなどの検査とカウンセリングサービスを導入し、保健医療サービスの向上を目的とした活動を行っています。