中国(中国大地震復興支援事業)

2008年5月12日に発生した中国・四川省を震源とするマグニチュード8の巨大地震。被害は四川省、甘粛省、陝西省の広範囲におよび、死者・行方不明者は約8万7000人に上りました。

新しく完成した教室で学ぶ四川省綿陽市瓦子小学校の子どもたち

新しく完成した教室で学ぶ四川省綿陽市瓦子小学校の子どもたち

震災直後の救援期では、中国紅十字会(中国の赤十字社)が医療チームを派遣したほか、世界中から中国に寄せられた救援物資が18万人のボランティアの手で被災地に届けられました。

日本赤十字社(以下、日赤)は、国際赤十字の緊急救援アピールに対してすぐに3000万円の資金を提供したほか、テント9,405張、衛生用品5万世帯分、食糧セット4万世帯分などの救援物資を国際赤十字を通じて届けました。

日赤駐在員から越冬支援物資を受け取る親子

日赤駐在員から越冬支援物資を受け取る親子(四川省北川チャン族自治県)

日赤はその後も約5年間にわたり現地駐在員を派遣し、中国紅十字会を通じて被災地の復興事業を支援してきました。

地震で家を失い避難生活を送る被災者には、布団や防寒服を配布しました。

また、地震で使えなくなった学校30校、病院41カ所、村の診療所48カ所の建て直しを支援し、地域医療の中核を担う病院には、CTスキャンなどの医療機材を整備しました。

同時に、国際赤十字を通じて住宅再建、給水・衛生施設の復旧、基礎保健ボランティアの育成、こころのケアサポートなども支援しました。また、仕事や農地を失った被災者の新しい生活の足掛かりとなるよう、畜産や建設、調理などの職業訓練を実施し、新しいビジネスをスタートする被災者には、小規模低利融資による起業支援も行っています。

現地からのお手紙

四川の子どもたちからの感謝のお手紙(2010年4月)

東日本大震災で被災した子どもたちへの励ましのお手紙(2011年5月)

救援金の使途※ 2013年9月現在

緊急救援事業

  • 中国紅十字会の救援活動支援 3,000万円
  • 食糧、衛生活動支援 3億7724万円
  • テントの提供 4億7562万円
  • 調査出張費 522万円

復興支援事業

  • 恒久住宅の再建支援 16億149万円
  • 基礎保健・こころのケア支援 4943万円
  • 給水衛生支援 6643万円
  • 生活再建支援 1億4926万円
  • 医療施設の再建支援 7億4608万円
  • 医療機材支援 3974万円
  • 被災学校の再建支援 11億4190万円
  • 仮設住宅生活者支援 3億1045万円
  • 職員派遣等 5538万円
  • 救援物資整備 4158万円
  • 事業管理費 8505万円

51億7487万円

※これまでの支援活動については、こちらからもご覧いただけます。

中国大地震復興支援 事業報告書(2013年9月)

※事業終了に当たり実施した事業評価の報告書

中国大地震および青海省地震復興支援 事業評価報告書(2013年9月)

関連ニュース