国際赤十字・赤新月社連盟事務総長が声明発表:地中海での移民・難民の死は「受け入れ難い悲劇」

ヨーロッパに向かって危険な海上路を渡る移民・難民が再び増加している中、国際赤十字・赤新月社連盟(以下、連盟)は移動するこれら人びとの命の安全と尊厳を守るための緊急行動を呼びかけています。

p-LBY0031_c_Mohannad Karimeh_Libyan Red Crescent.jpg

リビアからヨーロッパに渡たる際、ボートが転覆して亡くなってしまった方がたの尊厳ある埋葬を行うため、遺体を運ぶリビア赤新月社ボランティアたち ©リビア赤新月社

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、リビアとイタリア間の海洋でこの一週間に別々に発生した3件の事故により700人以上が溺死したとされています。この死亡者数は、過去一年間に移民の地中海ルートで起きた最悪のものです。今後も、気候がよくなるにつれ地中海が穏やかになることから、ヨーロッパに安住の地を目指す人の数はさらに増加すると予想されています。

連盟のエルハジ・アズ・シィ事務総長は、5月30日、「この受け入れ難い悲劇は、世界が移住危機に対応するに際し、人道的価値観を共有して当たらなければならないことを再度思い出させるものです」との声明を発表しました。

すべての移民・難民に、安全と尊厳を得る権利がある

p-GRC1030_c_Jarkko Mikkonen_Finnish Red Cross.jpgのサムネイル画像

移民・難民を乗せ、トルコからギリシャ・レスボス島に到着するボート©フィンランド赤十字社

「人びとは毎日、自らの命を危険にさらしながら安全と希望を求めています。いかなる解決策も、彼らが故郷を離れるという困難な決断に追いやられた要因に取り組むものでなければなりません。紛争、政情不安、貧困や迫害は世界中の多くの地域で蔓延しています。より良い安全な生活を希求しての旅は、地中海を広大な墓地に変えてしまっているのです」「我々は、世界の指導者たちへ安らぎの地を求めている人びとに安全なルートを提供するよう訴えます。全政府と関係機関へ、移民の保護を担保するよう訴えます。また、すべての人、移民に、安全と尊厳を得る権利があることを認めるよう求めます」「引き続き我々の助けを必要とする人びとへの支援を継続します」とアズ・シィ事務総長は続けます。

移民・難民に対する赤十字の対応

p-SYR1326_c_Stephen Ryan_IFRC.jpg

今年4月、シリア・ホムスを訪問した際、現地の子どもに花をもらい記念撮影をするアズ・シィ事務総長©IFRC

移動する経路の各所に、各国赤十字・赤新月社は、緊急に必要とされる食糧、避難所、保健衛生サービスを提供しています。地中海を渡る移民・難民が多く漂着するイタリアでは、赤十字社が全ての港に医師、看護師、通訳を常駐させています。また、移動の際に離れ離れになってしまった家族と連絡を取れるようにするサービスも提供しています。さらには、亡くなった人びとに対して尊厳と敬意をもって対処することも行います。

日本赤十字社は難民キャンプへの医療支援を展開

テント.jpg

海を渡りヨーロッパに辿り着いた移民・難民を支援するため、日本赤十字社は今年3月からギリシャ北部に設置された難民キャンプで医療活動を行っています。国際赤十字の混成医療チームの一員として、これまでに医師2人、助産師1人が現地で活動し、主にシリアやイラクから逃れてきた人びとの支援を続けています。
※帰国した日赤助産師の報告会が開催されます(下記参照)

もっと詳しく知りたい方~赤十字の移民・難民対応~

赤十字の移民・難民対応についてもって知りたい方、そして世界の赤十字・赤新月運動が呼びかける「脆弱な移民の権利と尊厳の尊重」に貴方の声を届けたい方はこちら(英語)

中東人道危機救援金はヨーロッパに渡る移民・難民の支援にも役立てられます

振り込みに関するご連絡先

日本赤十字社 パートナーシップ推進部 海外救援金担当

TEL:03-3437-7081 FAX:03-3432-5507

お問い合わせフォーム

本ニュースのPDF版はこちら

【トークセッション】日本赤十字社AFTERNOON CAFE開催!

『先が見えなくても~ヨーロッパをめざす難民のいま~』

サムネイル2.jpg

日時: 2016年6月18日(土)13:00~15:00


会場:代官山T-SITE GARDEN GALLERY イベントスペース

東京都渋谷区猿楽町16-15  東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
ご予約: cafe@jrc.or.jp

スピーカー:
平井香名助産師(葛飾赤十字産院)
井手章博(Yahoo!ネット募金プロジェクトマネージャー)
脇阪紀行(元朝日新聞論説委員/大阪大学大学院特任教授)

                        主催:日本赤十字社  協力:Yahoo!ネット募金