世界で最も古い開発協力基金「昭憲皇太后基金」第95回配分先の決定

「昭憲皇太后基金」は、明治天皇のお后であり、日本赤十字社の強力な後援者であった昭憲皇太后が、1912年(明治45年)にワシントンで第9回赤十字国際会議が開催された際、赤十字の平時の活動を奨励するために国際赤十字に10万円(現在の3億5千万円相当)をご寄付なさり、これを基に創設されました。

赤十字が戦時救護の活動を中心にしていた時代、災害救護や開発協力といった平時活動を盛んに行うための国際的基金の創設は画期的なことであったと言われています。

同基金は、皇室をはじめとする日本からの寄付金によって成り立っています。

基金は国際赤十字の中に設けられた合同管理委員会によって運営され、原資を取り崩すことなく、そこから得られる利子が世界の赤十字社の活動に配分されます。

配分先は皇太后のご命日にあたる毎年411日に決定されています。これまでの配分は大正10年の第1回から今回までで、合計約15900万円(1,310万スイスフラン)、 配分先は161の国と地域に上り、世界中で災害・感染症などに苦しむ人びとの救済や福祉の増進、防災、病気の予防などの活動に充てられています。

2016年の配分先が決定 -総額約3,000万円が10カ国での活動支援に-

昭憲皇太后基金合同管理委員会は411日、今年度の基金の配分先を以下の10カ国での活動に決定しました。その総額は約3,000万円(26万スイスフラン)です。

  1. アルバニア赤十字社 (ヨーロッパ) :約199万円

    差別や暴力を撲滅する若年層向けの教育支援  

    若年層を中心に赤十字の活動を通して、差別と暴力のない社会を作るプロジェクトを展開します。

  2. ガボン赤十字社(アフリカ) :約158万円

    健康の基礎知識を習得したボランティアが保健サービスの基盤を改善

    全国に赤十字ネットワークを持つガボン赤十字社は、地方に出向いて診療する巡回診療のための基礎保健や救急法といった知識や技術をボランティアに訓練し育成します。

  3. ケニア赤十字社(アフリカ) :約318万円 

    意思決定や管理ができるリーダーを育成 

    意思決定に関わるユース代表者が効率的かつ効果的に赤十字活動を行うための訓練を実施します。

  4. モロッコ赤新月社(中東・北アフリカ):約275万円

    ホームレス、子どもや高齢者に対する支援活動 

    厳しい生活環境に置かれたホームレス、女性、子ども、高齢者や精神障害者などに避難所、衣類、食事などを提供します。

  5. コロンビア赤十字社(南アメリカ) :約345万円

    気候変動によって発生する干ばつなどの課題を解決

    気候変動による課題に対処し、環境資源を守るためのコミュニティ支援を行います。

  6. エクアドル赤十字社(南アメリカ):約332万円

    正しい性教育支援 

    ユースボランティアが大学生などに向けて感染症の検査などを呼び掛けるキャンペーンを行います。

  7. パラグアイ赤十字社(南アメリカ):約311万円

    積極的に社会活動が行えるように若年層を育成

    若者が地域社会で積極的に活躍できるようにユースボランティアを育成します。

  8. マレーシア赤新月社(アジア大洋州):約326万円

    災害等に対応する能力の強化活動 

    救急法講習や防災訓練を通して災害対応能力を強化し、緊急救援チームを育成します。

  9. モンゴル赤十字社(アジア大洋州):約367万円

    ソーシャルメディアを活用し自然災害などに備える活動 

    訓練を受けたボランティアが、ソーシャルメディアを活用し防災意識の普及活動に努めます。

  10. サモア赤十字社(アジア大洋州):約345万円

    ジェンダー暴力を抑止する啓発活動

    健康に関するケアを提供し、暴力行為を抑止する啓発活動を行います。

Malaysia.jpg  morocco.jpg

        ©マレーシア赤新月社     ©モロッコ赤新月社

本ニュースのPDF版はこちら

 

赤十字活動へのご支援を受け付けています

振り込みに関するご連絡先

日本赤十字社 海外救援金担当

TEL:03-3437-7081 FAX:03-3432-5507

お問い合わせフォーム