国連防災世界会議まであと9日!

コミュニティー(女性)への防災教育(ネパール).JPG

コミュニティー(女性)への防災教育(ネパール)

国連防災世界会議は、国際的な防災戦略について議論する国連主催(※)の会議で、第1回(1994年:横浜)、第2回(2005年:神戸)と日本で開催されてきました。

第2回会議では、2005年から2015年までの国際的な防災の取組指針である「兵庫行動枠組」が策定されました。この枠組により、世界的に、特に開発途上国において、災害直後の対応だけでなく、長期的な防災・減災に取り組む流れができたといわれています。

兵庫行動枠組(HFA)(防災の行動)

3つの戦略目標

  1. 持続可能な開発の取り組みに減災の観点をより効果的に取り入れる。
  2. 全てのレベル、特にコミュニティレベルでの防災体制を整備し能力を向上する。
  3. 緊急対応や復旧・復興段階においてリスク軽減の手法を体系的に取り入れる。

5つの行動計画

  1. 防災を優先課題に位置付け法制度・枠組みを確立する。
  2. 災害リスクを特定・評価・監視し早期警報を強化する。
  3. 知識・技術を活かし、教育を行い人々の防災文化を構築する。
  4. 潜在的なリスク要因を軽減する。
  5. 効果的な応急対応が取れるよう事前準備を強化する。

第3回(仙台)国連防災世界会議

2015年3月14~18日まで開催される第3回会議では、兵庫行動枠組の後継となる枠組(以下、ポスト兵庫行動枠組)の策定が行われる予定です。

地震や津波、風水害など多くの災害を経験してきた日本、特に東日本大震災の被災地である仙台市でこの会議が開催されることは、復興を世界に発信するとともに、防災に関する日本の経験と知見を国際社会と共有し、国際貢献を行う重要な機会となります。

※国連防災世界会議の開催事務局は、国連総会の決定により、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)が務めています。

赤十字の貢献

国際赤十字・赤新月社連盟会長(兼 日本赤十字社社長)である近衞忠煇(このえただてる)を始め、各国赤十字社の幹部約20人を含む総勢約120人がこの会議(閣僚級ラウンドテーブル、主要ステークホルダーとの対話、ワーキングセッション)にそれぞれ出席します。地域に根ざした各国赤十字社の災害対応・防災・減災事業の経験を基に「ポスト兵庫行動枠組」の採択に寄与するとともに、引き続き、防災・減災およびレジリエンス(立ち上がる力)の強化に取り組むことを改めて表明します。

また、関連事業として行われるパブリック・フォーラムなどで以下のイベントを予定しています。

皆さまのご参加をお待ちしています。

シンポジウム

日時: 3月15日(日)13:00~17:00
場所: ホテル辰巳屋(福島県福島市栄町5-1)
内容: ふくしま復興を考える県民シンポジウム/福島県
(共催)福島大学、日本赤十字社、国際赤十字・赤新月社連盟
地震・津波・原子力発電所事故という複合災害に見舞われた福島県の復興の過程での成果や課題を考えるシンポジウムです。
ふくしま復興を考える県民シンポジウムウェブサイト
日時: 3月15日(日)17:00~21:00
場所: 東北大学 川内北キャンパス講義棟 B102(宮城県仙台市青葉区川内41)
内容: 防災管理を地域および国家レベルの計画立案へと組み込む:
ネパールのケーススタディー/国際赤十字・赤新月社連盟
日時: 3月17日(火)9:00~12:00
場所: 東京エレクトロンホール宮城 601大会議室(宮城県仙台市青葉区国分町3-3-7)
内容: 統合的な防災とリスク削減を通した地域社会のレジリエンスと安全性の向上/国際赤十字・赤新月社連盟

展示ブース

日時: 3月14日(土)~18日(水)10:00~20:00
場所: せんだいメディアテーク 5階(および6階)(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)
内容: 世界の防災展 ①ありがとう、全世界~東日本大震災への支援に感謝~/日赤
②安全でレジリアントな社会の構築/国際赤十字・赤新月社連盟

ユース・プログラム(登録者のみのプログラム)

日時: 3月11日(水)~18日(水)
場所: 東北大学他
内容: イタリア、カンボジア、タイ、中国、ドイツ、日本、バングラデシュ、フィジー、モンゴルから11人の赤十字ユース・ボランティアが「チルドレン&ユース・ブラスト(Children & Youth Blast)」という若者による防災への取り組み推進などを目的としたプログラムに参加する予定です。

本ニュースのPDF版はこちらから(PDF:550KB)

第2回(神戸)国連防災世界会議の様子.JPG yoko.jpg
第2回(神戸)国連防災世界会議の様子