お母さんと子どものいのちを守る

ガルバチューラ県の事業地にて

ガルバチューラ県の事業地にて

~アフリカ・ケニアより~

佐野友妃子(さのゆきこ) 駐在員

(京都第一赤十字病院 職員)

2013年11月から2015年1月までケニアの首都ナイロビに駐在し、地域保健強化事業の事業管理を担当しました。

経歴

2006年から2008年まで、JICA青年海外協力隊員(エイズ対策)としてジンバブエで活動(現職参加)。帰国後復職し、日赤国際要員として登録。2010年4月にはハイチ大地震ERU(Emergency Response Unit、緊急対応ユニット)へ事務管理要員として派遣されました。

国際活動のきっかけ

大学生のころに交換留学生としてアメリカへ渡り、世界中から来ている留学生と出会いました。そのころはアフリカの国名もよく知らなかったのですが、彼らとの交流を通じて貧困や感染症などさまざまな課題を知り、関心を寄せるようになりました。

あの時のみんなとの出会いが、今、こうしてケニア赤十字社とともに「お母さんや子どものいのちを守る」という仕事へとつながっています。

ケニアは気候が良く、自然豊かな美しい国です。また、人と人が助け合うという文化を持った国民がいます。このケニアで、大切な「いのち」が守られる制度作りの支援を行いました。

事業の様子をお伝えします

ボランティアが支える地域保健(PDF:209KB)

ガルバチューラの出産事情(PDF:191KB)