チリ北部でマグニチュード8.2の地震発生

チリ北部沿岸で4月1日午後8時46分(日本時間2日午前8時46分)、マグニチュード8.2の地震が発生しました。

震源はチリ北部イキケから83キロの沖合で、震源の深さは10キロメートルです(USGS:アメリカ地質調査所発表)。

イキケは、首都サンティアゴから約2000キロメートル離れた北部に位置する都市。

日本赤十字社(以下、日赤)がサンティアゴに派遣している村上高広駐在員によると、地震の揺れを感じることはありませんでしたが、現地では震源地近くの沿岸部の住民に対して避難が呼びかけられています。

太平洋津波警報センターによると、イキケで観測された津波は2.11メートルとのことです。

今後、周辺諸国の沿岸地域でも津波発生の可能性があります。2日12時時点(日本時間)で津波警報が出ている国は、チリ、ペルー、エクアドル、コロンビア、パナマの5カ国です。また、コスタリカ、ニカラグア、エルサルバドル、グアテマラ、メキシコ、ホンジュラスにも影響がでる可能性も指摘されています(PTWC:太平洋津波警報センター発表)。

チリ赤十字社は救援物資を用意

チリ赤十字社(以下、チリ赤)は、地震発生直後から、地震や津波の影響を受けると考えられる地域に関する情報を収集し始めました。また、現地支部と連絡を取り、状況確認を行うとともに、支援物資を積載したトラックを震源地近くの沿岸部に向かわせています。

日赤は2010年に同国で発生したマグニチュード8.8の地震の際に、医療救援チームを派遣するとともに復興事業を行いました。

今回の地震に対しても、日赤はチリ赤と緊密な連携を取りつつ、今後の対応について協議を進めています。また、村上駐在員も情報収集にあたっており、現地のニーズに応じ、支援等を検討していく予定です。