「海外たすけあい2011」(12月1~25日)世界があなたのやさしさを待っています

00002648_s_0_VcContents_B-0_VcContentsImage_B001.jpg

2年連続で洪水被害に見舞われたパキスタンで、水をくむ女の子。赤十字は1日約32万リットルの飲料水を提供しています cIFRC/PRCS/Olivier Matthys

たくさんの皆さまから毎年、温かい気持ちが込められた寄付が寄せられている『海外たすけあい』。今年も12月1日から始まります(12月1~25日)。

日本赤十字社(以下、日赤)と日本放送協会(以下、NHK)の共同で昭和58年にスタートした「海外たすけあい」に寄せられた寄付金は、昨年度までの累計で207億円。

紛争や災害で傷ついたり、生きるための最低限の保健衛生環境が備わっていない地域の人びとを支援する取り組みに充てられてきました。

東日本大震災では、世界の人びとから数百億円に及ぶ海外救援金が寄せられました。被災地の復興はまだ緒に就いたばかりですが、世界には銃弾に怯え、災害や貧困で暮らしに希望の持てない人びとが大勢います。今度は私たちがたすけあう力を示す時です。

地域ボランティアの育成通じて保健衛生環境を改善

00002648_s_2_VcContents_B-0_VcContentsImage_B001.jpg

干ばつに苦しむケニアで子どもの未来のために奮闘する五十嵐駐在員

海外たすけあいの寄付金により、支援が行われている国の一つがアフリカ東部のケニアです。

首都ナイロビから北東に約500キロメートル離れたガルバチューラ県は、地域全体が乾燥地帯で、水を得るにも干上がった川を何メートルも掘らなければならないほど過酷な環境です。

この地に暮らす人びとの保健衛生環境を改善し、最もぜい弱な子どもたちを救うため、日赤はケニア赤十字社(以下、ケニア赤)とともに「IHOP(Integrated Health Outreach Project:ケニア地域保健強化事業)」に2007(平成19)年11月から取り組んでいます。

IHOPで支援の重点に置いているのは人材育成です。保健衛生教育や救急法、水と衛生に関するトレーニングを受けた87人の地域保健師と赤十字ボランティアが育成されてきました。住民への指導の中心を担うのは、そんな彼らです。日赤の五十嵐真希駐在員は「外から来た人間による一方的な指導だけでは、住民の行動は変えられません。同じ立場の人が伝えていくことが大事」と狙いを語ります。

IHOPはこのほか、ガルバチューラ県立病院と保健センターへの医療機材や給水設備の設置、同県立病院への手術室建設、医療施設間の連絡に使う無線機の整備などにも取り組んでいます。

アフリカ東部の干ばつに対しても支援

00002648_02_s_2_VcContents_B-0_VcContentsImage_B001.jpg

ケニアを含むアフリカ東部は昨年(2010年)末から、ほとんど雨が降らない深刻な干ばつに襲われていました。

約1350万人の食糧が不足する事態に、国際赤十字・赤新月社連盟は、ケニア、エチオピア、タンザニア、ソマリアの各赤十字・赤新月社の取り組みを支援するため、国際社会への緊急アピールを10月までに発表。

内戦に加えて干ばつに襲われたソマリアには、紛争被害者への支援を行う赤十字国際委員会(ICRC)がソマリア赤新月社と連携した支援を続けるとともに、国際社会への支援要請を行いました。

日赤はこれらの要請に応えて、『海外たすけあい』を財源とする救援金計約9600万円を拠出します。

この救援金をもとにケニア赤は、通学児童への栄養補助食品の配布や給水タンクの設置、農作物の種子の配布などに取り組んでいます。

『海外たすけあい』では、IHOPのような保健・衛生分野の支援や、干ばつなどの自然災害被災者への支援のほか、武力紛争犠牲者への支援を展開していきます。

イベント情報

00002648_s_3_VcContents_B-0_VcContentsImage_B001.jpg

NHK@秋葉原「あなたのやさしさを2011」

海外たすけあいをテーマにしたイベントが、11月26日(土)午後1時~2時45分、ベルサール秋葉原(東京都千代田区)で開催されます。司会は安めぐみさんとNHKの永井伸一アナウンサー。川嶋あいさん、ダニエル・カールさん、ダンスパフォーマンスグループHAND SIGNが出演します。入場自由。

表参道工事囲いラッピング

原宿表参道欅会と大林組のご協力をいただき、表参道の工事仮囲い(東京都渋谷区)で海外たすけあいをPR中です(12月25日まで)。イルミネーションの美しい季節、ショッピングの合間に、同じ空の下にいる人々のことを思い起こしてみてはいかがでしょうか。

「赤十字シンポジウム2011」(報告)

「たすけあう世界へ~東日本大震災でつなげていく支援の輪~」をテーマにした赤十字シンポジウム2011が11月12日、表参道ヒルズスペース オー(東京都渋谷区)で開催され、約330人が参加しました。

同シンポジウムは「海外たすけあい」の一環として毎年開催されているもの。震災で全国に広がった支援を継続し、国境を越えた支援へとどうつないでいくのか、フリーアナウンサーの渡辺真理さんをコーディネーターに、独立行政法人国際協力機構(JICA)緊急援助隊事務局長の柳沢香枝さん、ふんばろう東日本支援プロジェクト代表の西條剛央さん、歌手でバンドゥーラ奏者のナターシャ・グジーさん、日赤医療センター医師の丸山嘉一さんの4人がパネリストとして討論しました。

テレビ放送情報

海外たすけあいがテレビで紹介されます(放送時間は変更される場合があります)。

  • 「赤十字シンポジウム2011」 11月26日(土)午後2時~3時<Eテレ(NHK教育テレビ)>
  • 「あなたのやさしさを2011」 11月27日(日)午後2時~2時58分<NHK総合>
  • 「福祉ネットワーク」 12月1日(木)午後8時~8時29分 <Eテレ(NHK教育テレビ)>